医療脱毛の魅力やクリニックの回数と値段の選び方のポイントまとめ

MENU

近年、サロンやクリニックなどで脱毛処理される方は珍しくなく、女性も男性も、気になるむだ毛を処理されています。料金もかなり低くなり、昔はモデルさんやタレントさんなどしか利用していませんでしたが、現在は一般の方々も非常に多く利用されています。

 

エステサロンなどでは光脱毛による処理が主流で、クリニックでは医療用レーザーを利用したレーザー脱毛が主に行われていますが、費用的な面をみるとエステサロンの方が低くなっています

 

効果の違いや速さなどに違いがあるとはいえ、医療用レーザーを利用する医療脱毛は費用が高いのに、どうして人気が高いのかというと、医療機関で行う処理で安心感があるということや効果が高いという点、さらに万が一の場合にも医師がいる事でトラブル対応が早い等、利点がたくさんあるからです。

 

医療機関で行う脱毛処理のことに詳しくなると、より一層、医療レーザーによる脱毛が魅力的に見えてきます。費用をかけて行う処理なのですから、安心できて納得の処理となる様に医療脱毛のことについてしっかり理解していきましょう。

 

 

 

 

医療脱毛は医療機関で行う脱毛の事

 

医療脱毛というのは医療機関、つまり皮膚科クリニックなどで行う脱毛処理です。絶縁針を利用した針脱毛を行う所もありますが、一般的に医療用レーザーを利用した脱毛処理が多くなっています。

 

医療用レーザーというのは、医療分野で扱うことのできる出力の高いレーザー機器で、医療分野ではレーザーメス、また歯科分野ではレーザーによる歯石除去等様々な施術に利用されています。それぞれの用途に応じて機器が作られており、医療脱毛で利用しているのは、脱毛専門の機器です。

 

エステサロン、脱毛サロンなどで行う脱毛は光脱毛が多く、この場合も、レーザー同様光を利用して脱毛しますが、利用している光に違いがあります。

 

サロンで利用する光は、波長の違う複数の光を集めて脱毛する機器で、その光はメラニン色素に反応し毛根部分に存在する毛の成長を司る毛母細胞を破壊します。この場合、施術に機器を扱うことのできる技術が必要ですが、技術を覚えればエステティシャンの誰もが行うことができます。

 

しかし医療脱毛は医師免許を取得されている医師以外、施術することができません。

 

医療用レーザー脱毛はエステの光脱毛の様に波長の違う複数の光を利用するのではなく、単体の光を利用して脱毛します。この場合もメラニン色素に反応する光ですが、出力が高く脱毛効果が高い方法です。医療で利用するレベルの高い光を利用して施術するため、医師以外が施術出来ないように定められているのです。

 

メラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛根の奥にある毛母細胞を破壊、それによりむだ毛が生えてこない状態にします。永久脱毛という言葉についても、医療脱毛の施術以外、使用してはいけない言葉で、現段階、医療レーザーによる脱毛以外、永久脱毛という言葉は使用されていません。

 

皮膚科の医師の中でも機器の扱いを理解し、脱毛処理の経験がある医師が行う脱毛となりますので、安心感が非常に強い方法といえます。光脱毛などを行うエステの場合、独自の試験や視覚などを設けて技術を得たスタッフが行っていますが、やはり医師という国家資格者が行う脱毛の方がより安心です。

 

医療機関で行う脱毛は効果の高い医療用レーザーによる脱毛処理なので、毛が濃い人にもまた本数が多いという人にも効果的で、最近は産毛や毛の色が薄い場合にも対応できる脱毛機器が登場し、これまでできなかった毛についても処理が可能となっています。この先、脱毛を行う時、医療機関で行う脱毛とは何か知識をもっておけば、安心して施術を受けることができると思います。

 

医療脱毛の魅力

脱毛処理にはエステサロンなどで行う光脱毛やフラッシュ脱毛等光を用いた脱毛と、医療機関で行う医療用レーザーを用いた医療脱毛があります。近年、男性もむだ毛の処理を考えるようになり、多くの方が脱毛処理に通っています。ひげ、胸毛、またすね毛などの脱毛を行うことで、自分に自信をもって生活できるようになったという声もききます。

 

女性の多くはエステ、また脱毛クリニックなどで処理されていますし、自己処理されている方もいますが、いずれにしても体毛が目だつようになれば、脱毛処理が必要となり、女性のマナーともされるため、みなさん処理されています。ただ自己処理の場合、肌トラブルが起ったり、肌を傷つけてしまうこともあり、出来れば医療機関で永久的な脱毛を行いたいと思っている方が多いでしょう。

 

医師が施術してくれるレーザー脱毛のもっともすぐれた魅力としては、効果が高いという点でしょう。光脱毛と比較して、レーザー脱毛は威力が強く効果が高い方法として知られています。

 

レーザー脱毛はメラニン色素に反応する光を利用し、毛が作られ成長させる毛母細胞を破壊します。メラニン色素に反応する光を利用しているので日焼けをされている方は、日焼けした肌が落ち着くまで施術できませんが、出力も強いのでエステサロンの脱毛処理と比較して効果的ということのほかに、脱毛が完了するまでの期間が短くすむというメリットもあります。

 

エステで行う脱毛は複数の光を利用して処理となり、照射力が弱いため、時間も期間もかかりますし、行く回数も多くなります。医師は照射力の強いレーザーを扱うことができますが、医師免許がない場合には、医療レーザーを扱うことが禁止されています。

 

また施術するのは医師であり、医師以外に施術出来ないので、診察を受けて皮膚の状態をよく理解してから施術出来、アフターフォローについても万全です。人によって皮膚の質は違いますし、毛の状態も違います。濃い毛、本数が多い状態、また炎症などを起こしている場合には、施術をずらし、皮膚が落ち着いてからトラブルがないように脱毛するということもできるのです。

 

現在、医療用レーザーの機器自体も以前と比べて格段によくなっていますし、何より医師が施術するという安心感があります。さらに万が一、皮膚にトラブルがあった場合にも、医療機関ですから即対応してもらえます。

 

施術を受けるということに加えて、皮膚の状態をみてお薬を処方してもらうことも可能なので、安心感と共に便利ということも、医療用レーザーによる脱毛は魅力があるといえるでしょう。

 

効果がはっきり見える

現代では多くの方が脱毛処理をされていて、男性もひげ脱毛やすね毛、また胸毛などの気になる部分を脱毛されている方が多くなっています。エステサロンでの脱毛も人気がありますが、医療脱毛は効果も高く早期に終了できると利用される方が多いです。

 

女性は特に夏前、露出するファッションが多くなる前に、しっかり脱毛しておこうとワンシーズン前の夏が終わり、秋口くらいから期間をかけて脱毛される方が多いようです。医療機関で行う医療用レーザーは、脱毛サロンで行う光脱毛よりも回数、期間とも短いのですが、やはりきれいに脱毛しようと思えば半年以上かかります。

 

医療用レーザーの利点は、ただ唯一、永久脱毛といわれ永久的な脱毛効果が得られる方法です。この効果の出方ですが、これは人によって違いがあり、施術して暫くして効果が目に見える人も少なくありません。レーザーによる脱毛は少ない回数、短い期間でもむだ毛が目立たなくなると実感される方が多く、エステより費用がかかっても医療脱毛を選択される方が多いのではないかと思います。

 

毛が濃い人ほど効果を感じやすいかもしれません。メラニン色素に反応する光を利用している施術となるので、毛の色が黒に近く濃いほどレーザーの効果が発揮されやすいですし、見た目にも消えたことがはっきりわかるので、効果を感じやすいといえます。

 

回数を重ねていくと次第に減っていくことを誰もが実感するようになりますが、効果の出方は人それぞれですが、それでもエステサロンで施術する場合と比較すると、1/2、1/3程度で終了するといわれています。

 

はっきりと脱毛部位がきれいに脱毛できたと感じられるのは、一般的に5回くらい施術した後といわれています。1回目を照射してからしばらくすると毛が抜けてくるので効果は実感できますが、その部位が完全に脱毛できたかなと感じるのは、だいたい5回くらいという人が多いようです。

 

脱毛サロンで行う処理の場合、医療レーザーよりも出力がどうしても低くなるので、結果、照射回数が多くなり、サロンへ行く回数も増えてしまうことが多いですし、必然的に期間も長くなります。光脱毛と比較しても、効果がはっきりわかりやすい施術が、医療機関による脱毛と考えていいと思います。

 

最初のうちは人によって効果を感じられないかもしれませんが、照射して暫くすると次第にむだ毛が抜け落ちてくるので、効果を実感できるようになっていくでしょう。

 

永久脱毛が出来る

脱毛の広告では医療機関で行っているレーザーを利用した脱毛以外、永久脱毛とうたっていません

 

エステの光脱毛についても高い効果やお肌にやさしいという広告がされていても、永久脱毛という言葉を使っていないのです。

 

始めに、永久脱毛とはどういうことなのかという定義から理解が必要です。永久脱毛についてはアメリカのFDA「アメリカ合衆国保健福祉省」という所が定義しているもので、このFDAというのは日本でいえば厚生労働省にあたるところです。

 

FDAの永久脱毛の定義は、脱毛の種類が医療用レーザーによる脱毛であり、レーザーを3回あて、6か月間経過した後、毛量の2/3、67%以上の毛が減っていることとしています。つまり、永久脱毛できる脱毛といえるのは、医療脱毛以外にないということになります。

 

皆さんが永久脱毛という言葉をイメージすると、すべてのむだ毛がなくなりつるっとした状態を思い浮かべるかもしれませんが、すべてつるつるになっていなくても永久脱毛とされるのです。しかし、医療機関で脱毛を行った方々の多くが、つるつるになってその効果に納得しているという意見を述べています。

 

もちろんエステの光脱毛も効果がないわけではなく、脱毛効果がしっかりあります。ただし、永久脱毛の定義に当てはまることはないので永久脱毛と広告などを行う事が出来ません。また、医療脱毛と比較してエステでの脱毛は回数、期間共に長くかかる事もあり、効果という点においても最も高いのが医療脱毛といえるのです。

 

むだ毛を処理したいという方の多くが今まで自己処理などを行ってきました。医療脱毛にしてもエステの脱毛にしても以前はかなりの金額だったため一般の方が施術を行うことがありませんでした。しかし今では一般の方も積極的に脱毛できる価格になっています。

 

医療脱毛についてはエステよりも金額が高くなりますが、効果、回数、期間などを考えると、やはり効率がよく安心の施術といえます。永久脱毛を行うことでこれまで苦労してきた自己処理もしなくてよくなるのですから、むだ毛が多い方にとっては面倒な作業からの解放となる脱毛です。

 

肌にトラブルが起こっても医師に診てもらえる

 

現代は女性も男性もむだ毛の処理を皮膚科クリニックや脱毛サロンなどで積極的に受けるようになりました。日本において女性のむだ毛処理はもはやマナーともいえる状態で、脇、足、腕など特に人から見える部分についてはプロでの脱毛処理を行わない方も、自己処理できれいに処理されている方が多いです。

 

男性のむだ毛に関しても近年見る目が変わり、男らしいというイメージではなく、場合によっては不潔とみられることもあるため、ヒゲを薄くしたり、胸毛、すね毛などの脱毛をされる方が多くなっています。

 

プロの脱毛を受ける方はエステ、若しくはクリニックなどによって施術を受けるわけですが、皮膚科クリニックで行うレーザー脱毛、いわゆる医療脱毛が人気です。その理由には処理スピードが速いという点、期間が短く済むという点、また効果が高いなど、優れた点が多いため、多くの方が医療脱毛を選択されるようです。

 

ただ自己処理の場合にはカミソリで皮膚を傷つけてしまったり、ワックス、除毛剤などの薬液で肌トラブルが起こるなど、問題もつきものです。この場合、肌トラブルを解消するために皮膚科に行くことになりますが、医療用脱毛であれば医療機関で行う脱毛なのでトラブルが起きても心配ありません。

 

また医療レーザーによる脱毛の利点としては、医療機関において医師が施術するという安心感があります。医療レーザーは医師以外扱う事が出来ないため、エステで医療レーザーを行うことはできません。皮膚の専門的知識を持った医師が施術を行うからことで、施術に対する安心感もありますし、アフターフォローに関しても安心度が強い方法です。

 

施術の前には医師が皮膚の状態を確認し、脱毛処理を行ってもいい状態でなければ施術を行いません。医療レーザーによるトラブルなどは現代、聞くことがありませんが、万が一トラブルとなった場合でも、医師がいるのですから安心です。

 

即対応してくれますしお薬などが必要なら適切な処方をしてくれます。肌トラブルが起きても対処してくれるという安心もあり、医療脱毛は多くの方が利用されているのです。

 

肌に負担の少ない施術が受けられる

医療脱毛は今多くの方が選択されている脱毛方法です。

 

  • 医師が施術する
  • 効果が高い
  • 医療機関だから安心

等、魅力はたくさんあります。

 

医療用レーザーを利用した脱毛は、毛根の毛母細胞をレーザー光によって破壊するという方法になります。レーザー光を照射するということを聞くと怖いと思う方もいますが、医療用レーザーは特殊な単体の光を利用しているもので、毛のメラニン色素にしか反応しない光です。

 

メラニン色素にしか反応しない光なので、皮膚にダメージを与えることがほとんどなく、安心して施術を受けることが可能なのです。メラニン色素に反応するということは、黒、こげ茶色などの色に反応することになります。日焼けをしていると脱毛処理出来ないといわれるのは、肌にメラニン色素が多くなりレーザー光が反応してしまうからです。

 

肌に影響が少ないレーザーによる脱毛処理は、効果が高く、また回数もエステの光脱毛より少なく済みます。短い期間で処理を終えることができるということも、多くの方に指示されている要因となっています。

 

普段むだ毛を自己処理されている方の中には、肌がカミソリ負けしてしまい肌荒れに悩んだり、傷がついて炎症を起こしたり、毛抜きを利用したことによって抜ききれなかった毛が皮膚に埋没してしまう埋没毛に悩まされる方も少なくありません

 

ワックスや除毛剤で肌荒れが起きるなど、特に肌が弱い人にとって自己処理するのは結構気を使うものなのです。でも医療用レーザーの脱毛なら皮膚の専門家である医師が施術してくれる方法ですし、医療レーザーは、シミなどの改善治療にも利用される光なので肌に負担の少ない方法で脱毛できます。

 

お肌が弱い人などは医療機器でもレーザーを受けるのはどうなの?と不安を持つ方もいらっしゃると思うのですが、医師が肌の状態を確認し、脱毛処理を行っても大丈夫かどうか判断して行ってくれます。お肌の調子が悪い時にそれを確認せずレーザーを当てるということもないので、心配されることもありません。

 

レーザーの施術が怖いと思う方は、一度医療脱毛を行うクリニックなどでカウンセリングを行い、どのような施術なのか、どういった特徴があるのか等確認してみてもいいですし、また電話による相談等も受け付けているところがあるので利用されてみるといいでしょう。

 

完了するまでの時間が早い

医療脱毛は医療用レーザーを利用して脱毛するという施術です。医師が行う施術であり、医師以外行うことのできない施術となります。そのため、万が一肌にトラブルがあっても安心、また皮膚の専門家に施術してもらう安心感等もあり高い人気を誇っています。

 

医療脱毛は脱毛サロンと比較して照射出力が高く、非常に効果的であり、また早い段階で脱毛効果を感じることができるといわれています。ただ、毛というのは毛周期という成長の周期があり、成長期のむだ毛に照射することが必要となってくるので、休止期、退行期の毛に関しては成長期になってから施術することが必要です。

 

そのため、1回で脱毛処理が終わるということはレーザー脱毛にしても光脱毛にしてもあり得ないことで、複数回通うことになります。この回数が少なくて済むということも、医療脱毛の魅力なのです。

 

もちろん人の毛の状態というのは濃い方もいますし、薄い方もいます。また本数がかなり多いという人もいれば少ないという人もいて、人によって様々です。そのため、施術を受ける人の毛の状態で回数等も違ってきますが、脱毛サロンと比較すると、クリニックで行う医療レーザーの脱毛は回数が少なく済みます。

 

多くの女性が脱毛を考える部位というと脇がありますが、一般的にこの部位で5回から7回程度の回数が必要といわれています。期間としては半年くらいから1年半くらいまで、施術するクリニックがどのくらいのスパンを考えているかによっても違います。

 

脇などで毛が濃くない状態の方なら、1回でかなりの効果を感じますし、2回から3回くらい行えばすっかりきれいになるという人もいます。脇の脱毛は医療機関で行う医療脱毛でも割引で施術している時があるので、一度お試しで受けてみてもいいでしょう。脇の場合、1回の施術時間もそれほど長くないので、お試しには最適です。

 

クリニックが利用する脱毛機器によって出力の強度に違いがあるということもあるので、クリニックによって回数、間隔等も違ってきます。回数やだいたいの期間が気になるという方は、カウンセリングの時など質問してみるといいでしょう。カウンセリングの際に、毛の状態を確認し、このくらいの回数になると思いますと判断してくれるところもあるので、参考になると思います。

 

脱毛以外の効果を得られる

医療脱毛は今とても人気があります。多くの方々が脱毛処理を専門クリニックや脱毛サロンで受けるようになり、今脱毛は一般的なものとなっていますが、レーザーによる脱毛を行う医療脱毛は中でも選択される方が多い脱毛処理です。

 

自己処理しているとカミソリによって皮膚を傷つけてしまったり、ワックスや脱毛クリームなどで肌に負担をかけてしまうことも多いのですが、レーザー脱毛は毛根の毛母細胞を破壊するという処理になりますので、皮膚に負担をかけることがほとんどなく、高い効果を得られる脱毛として知られています。

 

医療機関で行うということでも安心感がありますし、皮膚専門の知識を持っている医師が施術するということでも安心度の高い方法です。脱毛サロンも光脱毛の技術を習い、サロン独自の試験や資格などを取得してから行っていると思うので、技術的な安心感がありますが、万が一、トラブルがあった場合に医師がいるのといないとではやはり安心感に差がでます。

 

また医療用レーザーによる脱毛は、肌に脱毛効果以外の効果をもたらすということをご存知でしょうか。医療用レーザーはシミを消すなどの治療にも利用されている治療方法で、実はホワイトニング効果も期待できる方法なのです。

 

レーザーは脱毛処理の際、肌の奥に熱を伝えます。肌の見えない部分、毛根の毛母細胞に作用し破壊するという方法なのですが、この肌の奥にまで熱を伝えることで、お肌の新陳代謝が向上しコラーゲンの生成が活性化し、お肌がみずみずしくなるという効果も期待できます。

 

脱毛処理を行った方の中には、肌のきめが細かくなった、肌にハリが出てきたなどの、脱毛以外、別の効果が得られたという方も少なくありません。この他にも、レーザーによって毛穴の引き締め効果が発揮され、毛穴の開きが閉じて老廃物や古い角質などが毛穴に入る事もなくなり、ニキビができにくくなったという話も聞きます。毛穴の開きやぶつぶつ状態に悩んでいるという方も、脱毛処理してきれいになってびっくりされたという方も少なくないのです。

 

脇などは色素沈着を起こしやすく少し黒ずんでいることがコンプレックスとなっている方も多いのですが、レーザーには殺菌作用、また皮脂分泌の抑制作用等もあるので、脇の色素沈着にも効果があるといわれています。実際に脇の脱毛処理をレーザーによって受けた方の中には、脇の色素沈着がそれほど気にならなくなったと喜ばれている方もいます。

 

わきの気になる臭いも解消できる

 

女性も男性も効果が高いといわれる医療脱毛を行う方が多くなっています。医師が施術してくれるという安心感もありますし、万が一、肌トラブルが起こった場合でも医療機関ですからお薬などの処方も速く安心です。勿論現代の脱毛機器によって肌トラブルを起こすということはほとんどありません。しかし起こってしまった時に対応できるということは安心できる方法といえるでしょう。

 

医療レーザー脱毛については、肌へのアプローチも期待できるといわれ、肌がすべすべになったとか、毛穴の開きがよくなった、またホワイトニング効果があるといわれることもあります。レーザーは肌の治療にも利用されるので、こうした効果も期待できるのです。

 

またわきがの臭いについても医療脱毛が効果を発揮するという話をよく聞きます。わきがに悩む方は多く、人に指摘されて傷ついた経験をお持ちの方も少なくありません。人から自分の臭いを指摘されるのは非常に辛いことです。臭いを解消する商品などもありますが、しっかりと元から治療したいと思う方は多いと思います。

 

わきがの治療を受けたいと思っている方もいるので、もしレーザー脱毛によってわきがの臭いを軽減できるのなら、施術を受けてみたいと思う方もいるでしょう。

 

わきがと脱毛の関係性は報告されている事例もあり、実際に効果があるといわれています。わきがの原因は汗腺によって引き起こされるもので、アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という三つの汗腺の臭いがまじりあい、細菌類が汗柄を分解していくことで臭いが発生します。わきがの手術は、これらの汗腺を取り除いて臭いの元を取ってしまうという方法で行われます。

 

わき毛がある事で汗が付着しやすくなりまた細菌も多くなります。通常わき毛は汗を蒸発させるという意味を持っていますが、このことが臭いの原因と作ってしまっているともいえるのです。

 

わき毛を医療レーザーによって脱毛することで、臭いの発生源を除去することになり、結果、わきがに効果を発揮するという結果になるといわれています。わきが治療について専門家は、わきが治療の第一歩は、臭いを発生させる要因となっているわき毛を除去することと伝えています。

 

ちなみに、わき毛が多いから第一要因となるアポクリン腺が多いということではありません。性別によって違いがあり、女性の場合、毛が太い、1本の毛穴から複数の毛が生えているという場合、アポクリン腺が多い傾向にあるといわれています。男性の場合、毛が柔らかくさらさらしていて、広範囲に生えている場合アポクリン腺が多いといわれています。

 

医療脱毛にはデメリットもある

医療脱毛は効果も高く回数も少ない、医師が施術する安心もあるし医療機関で施術するので万が一という場合にも安心という人気の脱毛方法です。最近はヒゲが濃いことに悩む男性も脱毛処理される方がいますし、胸毛、すね毛などの女性から見て不潔と思われやすい毛について脱毛処理されています。

 

脱毛処理される方が多くなっていますが、医療脱毛を選択される場合、メリットも高いけれどデメリットもあるということを理解しておくことが必要です。総合的な事を理解してから脱毛することで、メリットを活かした効果のある脱毛になると思いますし、デメリットを知っておくことで、こういうこともあり得ると考えて施術を受けることができます。

 

メリットには医師が施術する安心感、皮膚の状態を把握してから施術できる、施術時間が短い、回数が少ない、期間が短い、シミなどの解消、肌への高い効果も期待できるなどたくさんあります。ではデメリットにはどのような事が挙げられるでしょうか。

 

まずメラニン色素を狙ってレーザーを照射する方法となりますので、白髪、薄い色の毛については効果が期待できないということ、日焼けをしていると施術スケジュールをずらすことがある、またシミやあざがかなり黒いという場合にはやけどなどの危険性がある、保険適用外の治療となるので費用が高い、痛みがあるなどの点です。

 

この中でも最もデメリットといわれるのが痛みといわれています。照射の力が強く効果も高い方法となりますので、レーザーを照射する際に痛みを感じるという人が多いです。ただ、こうした痛みを軽減する措置として、部分麻酔や皮膚表面への麻酔などを利用している所も多いです。

 

痛みの度合いというのは人によって違うもので、医療脱毛でもほとんど痛みを感じないという人がいますし、逆に痛みが強くて出来ないという人もいます。痛みを強く感じる人は、麻酔を施してくれるクリニックも多いので、医師にしっかり伝え措置を考えてもらうといいでしょう。

 

医療脱毛で使われる脱毛器の紹介

医療脱毛は効果の高い脱毛方法として知られていますが、クリニックや皮膚科など、脱毛を行っている医療機関では、利用する機器がそれぞれ違います。いずれもレーザーを利用した機器となりますがそれぞれに特徴があります。

 

針脱毛や光脱毛、フラッシュ脱毛など、様々な脱毛方法がありますが、医師にしか行うことのできない医療レーザーを利用した脱毛は高い効果があるとして人気があります。皮膚科クリニックや脱毛専門クリニックなどで医師によって行われている脱毛施術が医療脱毛です。

 

使用される医療用レーザー機器は三つに分けることができ、

  1. アレキサンドライトレーザー
  2. ダイオードレーザー
  3. ヤグレーザー

という三つの種類に大別できます。

 

これらのレーザー機器の中には、産毛や薄い毛でも効果を発揮する機器があるので、どのクリニックで脱毛するか、自分の毛の質、むだ毛の量などから選択する方がより効果的な脱毛となるでしょう。

 

いずれも、メラニン色素に反応するレーザー光を利用するもので、むだ毛が成長してくる毛乳頭、毛母細胞などを破壊するという脱毛処理になります。一度破壊された毛根からは、毛が生えてくることもないので、医療用レーザーによる医療脱毛は永久脱毛と呼べる脱毛方法です。

 

最近は毛髪に栄養を与えるバルジ領域という部分にダメージを与えるという医療用レーザー機器も登場しています。こうした機器を利用するのはもちろん医師であり、医療用レーザーによる脱毛は医師以外出来ない施術です。

 

これから医療脱毛を受けてみようと思っている方は、脱毛機器の機器ごとの特徴を理解し、自分に合った脱毛を選択する事が求められます。医療レーザーを用いて施術を行っているクリニックなどでは、どのような機器を利用して脱毛の施術を行っているか、ホームページなどで紹介しています。機器の特徴や効果など、様々なことが紹介されていますので、確認してからカウンセリングなどを受けてみるといいと思います。

 

ダイオードレーザー

医療脱毛の機器としてクリニックなど医療機関で利用されているダイオードレーザーという機器があります。クリニックによって使用している脱毛機器には違いがあるので、機器の種類と特徴を理解してから施術を受ける方が安心です。

 

ダイオードレーザーは半導体を用いてレーザーの波長を変更できるという脱毛機器です。脱毛は800nmから810nmの波長を利用しています。毛根周辺のメラニン色素に反応するレーザー光を利用し、熱を発生させて毛根の奥に存在する毛の誕生する部分、また成長させる部分である毛乳頭や毛母細胞を破壊します。

 

熱を利用し毛に栄養を与えるというバルジ領域、この部分にダメージを与えるというタイプの脱毛機器もあります。

 

ダイオードレーザーのメリットとしては、アレキサンドライトレーザーと比較すると痛みが少ないという点、また細い毛や毛の色が薄い場合も効果が期待できるという点です。デメリットとしては、かなり強い毛、剛毛状態の毛については効果が減少するという点が挙げられます。

 

指や手の産毛が濃い人や、顔の産毛が目立つ、背中の薄い毛が多いなどで悩まれている方にとって、このダイオードレーザーによる脱毛で悩みを解消できると思います。産毛は以外と目立つもので、特に背中などは自分の目で見ることができないので、しっかり処理されて置く方が安心です。

 

冷却しながら照射する機器の場合、吸引と冷却ができるので痛みを軽減できる機器とされていますし、熱を利用して施術することで輪ゴムにはじかれるようなレーザー特有の痛みではなく、熱を感じる位という感覚の脱毛が可能な機器などもあるようです。

 

レーザー脱毛というと痛みが強いということがデメリットとしてあげられることが多いので、痛みに弱いという方は、こうした脱毛機器を利用して施術してくれるクリニックを選択されるといいと思います。

 

クリニックによって利用している機器に違いがあるので、自分の毛の状態にあった脱毛ができるクリニックを選択すると、より効果的な脱毛になるでしょう。

 

アレキサンドライトレーザー

医療脱毛が行われるようになった当時から利用されている脱毛機器で、導入しているクリニックが多いといわれているのがアレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトという宝石を用いている脱毛機器で、755nmの波長のレーザーを利用しています。

 

毛根周辺のメラニン色素に反応して熱を発生させ、毛根の毛乳頭や毛母細胞を破壊します。このアレキサンドライトレーザーは、日本人の毛質にあっている、また肌質にもあっているといされている脱毛方法です。

 

特長、メリットとしては、高出力なので皮膚の深いところまでレーザーがしっかり届き、脱毛効果が高いということ、また冷却ガスを使用し痛みを軽減しながら行う施術で、ジェルを利用しないのでジェルにより肌トラブルを起こすということもありません。

 

デメリットとしては細い毛、産毛などには反応しにくく効果が下がるということ、また色素がひどく沈着している部分や日焼けしている肌などの場合、皮膚のメラニン色素に反応してしまうので施術出来ないという点、また、ゴムで皮膚をたたくような痛みがあるということがデメリットとして知られています。

 

アレキサンドライトレーザーの脱毛機器の中には、国内で最も多く利用されているという機器もあり、高い脱毛効果が期待できる機器といわれています。シミやそばかす、毛穴の黒ずみの治療についても利用されている機器もあるので、美肌効果も期待できる脱毛機器として、特に女性がこの機器で施術したいと希望される方も多いようです。

 

古くから利用されてきている脱毛機器なので、友人や知人の中にアレキサンドライトレーザーを利用した脱毛経験がある方がいるかもしれません。お近くにいるようなら効果や痛みなどを聞いてみるといいと思いますし、不安要素などがあれば電話による質問を受け付けているクリニックもあります。

 

カウンセリングの際には必ず施術の特徴や痛みなどについて情報提供してくれると思いますし、肌の状態なども確認してくれるので、一度クリニックで相談されてみるといいでしょう。

 

ロングパルスヤグレーザー(YAGレーザー)

脱毛機器にはロングパルスヤグレーザー(YAGレーザー)という種類があります。このロングパルスというのは、長い波長という意味があり、この機器は長い波長を利用して脱毛処理を行う機器です。アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという宝石を利用した脱毛機器ですが、ロングパルスヤグレーザー(YAGレーザー)は人口の宝石を利用した機器です。

 

脱毛以外、お顔のシミへの治療、毛穴の改善などにも利用されるレーザーで、高い美容効果を期待できる方法といえます。若い世代の方も美肌効果があるということでロングパルスやグレーザーを利用したいという方が多いですし、アンチエイジング世代の方が脱毛を利用されるときにも、美肌効果が高いとしてこの脱毛方法を選択される方がいらっしゃいます。

 

最大の特徴としては、1064nmという長い波長を利用しているという点です。長い波長をもっているので、皮脂組織の深いところまでレーザーが届くといわれています。わきの毛などが特に濃い人などはこのロングパルスヤグレーザーを利用すると効率よく処理できるとされ、最近はVIOラインについて、ロングパルスヤグレーザーを利用される方も多いです。

 

産毛にも対応できるという特徴があるので、例えば指の薄い毛や産毛等も処理できます。また日焼けをされていて脱毛できないという方も、ロングパルスヤグレーザーであれば施術できる可能性があります。

 

ただ、日焼けをされて時間が軽軽しておらず、赤みがあるような状態では、ロングパルスやグレーザーも施術できないかもしれません。医師が肌の状態を確認し、刺激しない方がいいと判断すれば施術できないこともあります。お肌のことを考えると、やはり日焼けをしない状態で医療脱毛を考える方がいいでしょう。

 

しみやそばかす、また傷跡が残っているという場合にも効果があるといわれるこの方法は、女性の強い味方となる脱毛方法といえます。

 

デメリットは、医療脱毛の中で最も痛みが強いといわれる点です。かなり痛みがあるということで麻酔を行うこともあります。痛みを感じにくい場所ならいいのですが、痛みを感じやすい部位の脱毛には不向きといえるのかもしれません。

 

痛みに弱いけれどこの脱毛方法で処理してみたいという方は、クリニックで医師に相談し、痛みの度合いなど説明してもらう、またお試しなどがあれば一度お試しを経験してから本格的な脱毛処理を考えていくといいと思います。

 

医療脱毛に要する時間と回数

自己処理ではなく今年こそしっかりと脱毛処理したいという方は、医療脱毛、脱毛サロン、いずれに行くか悩んでいると思います。医療脱毛と脱毛サロンの料金を比較すると、医療用レーザーによる脱毛処理の方が一般的に高くなります。

 

レーザー脱毛は効果も高く、回数が少なく済む、期間も短いといわれていますが、医療脱毛に要する回数はどのくらい必要なのでしょうか。

 

脱毛回数についてはクリニックによって利用する脱毛機器に違いがありますし、脱毛処理される方の毛の状態、濃さ、本数が多いかどうかなどによっても違いがあります。また2回の施術が終了してから次の施術まで毛周期を考えてある程度の期間を開けないとなりません。

 

毛周期というのは毛の生え変わる周期の事で、医師は施術される方の毛の状態を確認し、成長期で肌表面に出てきている毛に対して脱毛処理が行われます。毛周期には休止期、成長期、退行期があり、このうち脱毛する際には成長期の毛であることが求められるので、その他、休止期、退行期にあるむだ毛については成長期になるまで、6週間から8週間ほど時間を空けて、皮膚表面に出てくるのを待つことが必要となります。

 

成長期の体毛に効果がある脱毛処理となり、1回目のレーザー脱毛を受けてから時期を待って、退行期、休止期を過ぎて2回目のレーザーを行うということを繰り返していく必要があります。

 

成長期のむだ毛の見極め方ですが、実は厳密に見極めることが難しいといわれています。というのも、毛周期は個人差があり、脱毛処理を受ける方によって期間にばらつきがあります。また部位によってもむだ毛の毛周期は数週間から数年というスパンがそれぞれにあり、それを見極めることは非常に難しい事なのです。

 

回数は毛が濃い人、薄い人などによっても違いがありますが、ほとんどの施術部位でだいたい5回から7回程度という回数のようです。勿論毛が濃くて本数が多いという人の場合、回数が多くなることもありますが、利用するレーザーの機器によっては剛毛への作用が高いという機器もあるので、回数が少なくなることがあるかもしれません。

 

脱毛処理1回にかかる時間ですが、これも部位によって違いがあります。お顔全体を脱毛されるという場合、約45分ほど、上半身で1時間半くらい、下半身で1時間くらい、VIOラインで30分くらいと目安時間はこのくらいですが、脇、両腕、鼻の下などの範囲が狭い部分に関してはクリニックに入ってから30分程度と短い時間で終了します。

 

全身脱毛の場合、5時間から6時間くらいかかりますが、これでも依然と比較してかなり短時間になっていますし、医療脱毛の1回の施術時間は他の方法と比較して短いことでも人気があるのです。

 

医療脱毛にかかる料金

医師が行う医療レーザーによる脱毛は効果が高く永久脱毛とされる処理なので、受けてみたいという気持ちはある、でも、費用が高いといわれるので躊躇されているという方も少なくありません。確かに光脱毛などを行うエステなどと比較すると医療機関の脱毛は費用が高いです。

 

しかし最近は以前と比較して格段に低くなっていますし、安全性や効果、速さなどを考慮しても、医療機関で行う脱毛は非常に魅力を感じる処理といえます。

 

医療脱毛にしても、脱毛サロンにしても、わきだけ・・・など部位を固定するのではなく、いずれその他のむだ毛もきれいにしたいと考えているのなら、セットプランを利用する方が料金は格段に安くなります。全身をむだ毛処理したいという場合も、広い部位を医療脱毛したいと思っている場合も、部位ごとに行うより全身一気に施術するプランを利用する方がよりやすく利用できるのです。

 

最近はクリニックでも分割や、利用した分だけ支払うという月払い等もあるので、支払方法を考えればそれほど負担無く全身脱毛できます。ある程度、複数の部位を脱毛しようと思っている方は、セット価格を利用する事を考える方がいいでしょう。

 

また各クリニックでは独自の分割払いが用意されている所もありますし、クレジットカードによる分割払い、リボ払いなどが利用できる所も多くなっています。少なくとも全身脱毛となれば何十万とかかるので、こうしたクレジット、分割を利用して支払うことを考えてもいいと思います。

 

医療機関による脱毛の費用は、クリニック、皮膚科などによって様々です。セット料金も部位別料金も違いがありますし、季節に応じて割引があるということもあるので、どのような施術でどのくらいの費用がかかるのか、クリニックごとに価格を比較してみるといいでしょう。

 

例えば全身コースでVIOライン無の場合、全身コースでは30万弱くらい、個別で部位ごとに行っていく場合には75万ほどかかります。この割引率をみてみると60%以上の割引となっているのです。またVIOラインありの場合、全身コースで40万位、個別で部位ごとに脱毛する場合、95万位かかってしまいます。この場合の割引率も60%近くです。こうしてみると、料金はセットの方がより割引されているので、広い範囲の医療脱毛については全身脱毛の方がよりお得といえるのです。

 

部位別に行う場合でも、腕、わき、デコルテなどがセットになった料金などがあるクリニックがありますので、なるべくセットを利用して施術されると安く済むと思います。

 

医療脱毛を行う際の注意点

 

今年こそきれいに脱毛するぞと決心し、これから医療脱毛の予約、カウンセリングを受けるという人は、医療脱毛を行う場合の注意点などもよく理解して施術を受けるべきです。メリットの高い方法として、医療レーザーによる脱毛処理を選択される方は非常に多い状況ですが、知っておくべきことがあるのでそこをまず理解してから、キレイに施術してもらいましょう。

 

まず、女性の場合、生理中は脱毛処理出来ないといわれることが多いです。クリニックによって生理中でも脱毛処理してくれるところがありますが、多くのクリニックが施術をお断りしているようです。

 

スケジュールと生理が重なってしまうと、予約が無駄になり次回に回るということになるので、医療脱毛の施術を受けるスケジュールは、生理日を配慮して決定していくことが求められます。

 

レーザー脱毛はメラニン色素に反応するレーザー光を利用して行うので、肌にメラニン色素が多い状態では毛以外、肌にも影響してしまうため、日焼けをしていると施術を断られることが多いです。レーザーによる脱毛を受ける場合、日焼けをしないように心掛けておく必要もあります。

 

医師が皮膚の状態を確認し、今日は施術しないほうがいいと判断することもあります。し脱毛を受けている期間中は、お肌が敏感な状態となっていますので、しっかりとセルフケアをしないと肌の調子を崩してしまうことがあります。肌のコンディションが悪い状態でレーザーを照射し、さらに悪化するということを避けるために、医師が施術をしないこともあります。

 

では妊娠時はどうなのでしょうか。妊娠している時というのは病気ではありませんが、体が敏感な状態で妊娠していない時よりもずっと、外部からの刺激に敏感です。医療用レーザーによって脱毛を行うことで、お腹の中の胎児に影響がない事や、妊婦さんにも影響がないと考えられていますが、臨床データがない事には医師も施術出来ないと考えます。

 

多くの医師が妊娠中の脱毛処理について行わないという判断を下すことが多いので、確認することが必要でしょう。妊娠中は同じ姿勢を取っていることで気分が悪くなったりめまいを起こすこともあるので、やはりこうした脱毛などの施術は出産後を考える方がいいと思います。

 

個人差で赤みが出る事も

現代は医療脱毛等、脱毛技術が高くなり費用も以前より低くなったことで、多くの方々がクリニックなどで脱毛処理されています。男性も彼女から胸毛がいや、すね毛がいやなど言われることが多くなっている現代なので処理される方が増加傾向にあります。

 

女性も男性も、むだ毛を処理されることでコンプレックスの解消となったり、露出が多くなる夏などでも人目を気にすることなく過ごせると、精神的な面でもよい部分があります。

 

医療レーザーの脱毛処理を行った後、赤味が出ることがあり、これを不安に思う方もいますが、これはレーザー光による炎症で、火焼けと同じような状態と考えればいいようです。医療レーザーは黒い色に反応するレーザー光を利用しているので、通常肌に直接悪い影響を与える事はありませんが、肌が弱い方は炎症を起こし肌が赤くなるということもあるようです。

 

日中太陽の光を同じように浴びても、皮膚が真赤になりその後ヒリヒリしてどうしようもないという人もいれば、すぐに黒くなり、その後しっかり白く戻っていくという方もいます。こうした光によって炎症を起こしやすい人、起こしにくい人がいて、ちょっと太陽の光を浴びただけでも皮膚が赤くなって炎症を起こしたようになる人は、肌が刺激などに弱い敏感肌という方が多いです。

 

基本的に肌に影響しない構造となっていますが、元々肌が弱い人や、肌の調子が悪い人はレーザーによる脱毛の後、肌が赤くなるということもあるので、施術の前、カウンセリングの際に、医師に肌が弱いことを伝えておく方がいいでしょう。

 

通常、カウンセリングの際に医師やスタッフの方が肌の質を確認したり、トラブルがないか、また今までにトラブルを起こしたことがないかなど問診すると思います。

 

毛膿炎になる可能性がある

医療レーザーの脱毛処理については近年、大きなトラブルが報告されていることはありませんし、医師が行う施術として信頼度の大きな脱毛処理として人気があります。医師が行う施術なので、皮膚について専門知識があるという安心感と医療機関で行う脱毛ということで、みなさん信頼をもって施術されています。

 

しかしレーザー脱毛を行って毛嚢炎、つまりニキビができることがあるという話も聞きます。大きなトラブルということではありませんが、医療レーザーによって毛嚢炎ができるのはなぜなのでしょうか。

 

毛嚢炎というのは毛包という部分の上部だけに浅い汗腺を起こすもので、発疹は毛包に一致した赤い丘疹と呼ばれるぶつぶつや、膿をもった膿疱になる事もあり、周囲に赤みが出てきます。かゆみなどはなく痛みなどもありませんが、炎症がひどくなると痛みが出てきますし、首の後ろ、太もも、おしりなどにもよくできます。

 

こうした毛嚢炎は皮膚科でしっかり治療する方が痕が残る心配も少なく安心なのですが、医療レーザーによる脱毛でこのような毛嚢炎ができるとなればちょっと心配になります。

 

医療レーザーによって脱毛した方の中には、肌の赤みが出たという方や、ヒリヒリと痛みがあるという報告もあります。しかしこれは正しくケアを行うことで解消することですし、肌が弱い人や肌の調子が悪い人に起りやすいことです。

 

毛嚢炎がレーザー脱毛によって引き起こされる原因とは何かというと、毛穴の中の細菌類にまでレーザーの効果が作用したからということが挙げられます。レーザー脱毛では、毛根、毛母細胞を破壊するためにメラニン色素に反応するレーザー光を利用しています。

 

毛穴の黒い色素に向けてレーザー光を照射し、その光の熱によって刺激をあたえ毛母細胞などを破壊するのですが、これが細菌にも作用し、一時的ですが肌のバリア機能が低下してしまいます。すると皮膚表面の菌類が毛穴に入り炎症を引き起こし毛嚢炎という状態になるといわれています。

 

この毛嚢炎についてはレーザー脱毛が熱を利用した脱毛である限り、リスクをゼロにできません。ただ、医師が施術を行いアフターフォローができる医療脱毛なら、すぐに対応できますし、しっかりと治療をおこなってくれますので、あまり怖がることはないと思います。

 

火傷になる事も

どのような治療でも施術でも全くリスクがない物はないといわれます。現代、盲腸などの施術は難しい施術ではありませんが、それでも麻酔によるリスク、またその後、炎症を起こしたり、感染を起こすなどのリスクがあります。

 

医療用レーザーによる医療脱毛も、レーザーという医療機器を利用した施術ですから、全くリスクがないということはありません。あくまでも医療行為として行う脱毛処理は医師がおこなうもので安全性の高い方法といえますが、本当にまれに、やけどなどのトラブルが起こる可能性もあります。

 

やけどといっても熱湯でやけどをしたとか、アイロンで深いやけどをしたなどのひどいやけどではなく、肌が赤くなり炎症を起こしたようになった状態になるやけどで、ほとんどの場合、軽度なものです。深度の深いやけどをおうという心配はないので、その辺は心配の必要がありません。

 

メラニン色素、つまり黒い色に反応するレーザー光を利用して行う脱毛となりますが、レーザー光が熱を発し、それによって肌の奥の毛根、毛母細胞を破壊するという方法なので、この熱によってやけどするというリスクがあります。

 

医療レーザーによる脱毛処理を行うと、皮膚が弱い方などは皮膚が日焼けをしたように赤くなることがあります。これは、レーザー光の熱による炎症です。レーザー脱毛は永久脱毛と呼ばれる脱毛処理になりますが、単体のレーザー光を利用しています。エステで行う光脱毛よりも高い脱毛効果があります。

 

特に剛毛の方などにはジュール数(出力の力)が低いときれいに脱毛できず、回数が多くなり期間も長くなります。ジュール数を低くすれば肌への影響は少なく炎症などを起こしにくくできますが、その分効果が低くなるのです。そのため、最も効果があり炎症を起こしにくいジュール数にあげて機器を利用しています。

 

肌が弱い人や、少し日焼けがある人、また脱毛処理する部分が色素沈着など起こしていると、メラニン色素が多くそこに反応し、やけどになるくらいの影響を与えてしまうことが、本当に稀ですが、あるようです。特に肌が弱い方、敏感肌の方などが受けやすいリスクとなりますが、近ごろは照射力を調整できる機器がほとんどで、医師がその方にあった照射力を考えているのでほぼ心配しなくてもいいでしょう。

 

医療機関による脱毛処理は今多くの方が経験し、一般的なものとなっていますが、絶対にリスクがないということではないので、医師やスタッフの方の話をよく聞き、わからないことや不安な事はドンドン質問し、安心して施術を受けることができるようにしておきましょう。

 

皮膚がんになる心配はない

脱毛処理として人気の高い医療用レーザーを利用したクリニックなど医療機関による脱毛は、今多くの方が経験され、むだ毛が無くなりコンプレックスのない生活を送っています。むだ毛くらいでコンプレックスなんて・・という人もいますが、むだ毛が濃い人、本数が多い人からすれば、むだ毛にかなり強いコンプレックスを持っていますので、処理については非常に真剣に考えているのです。

 

脱毛処理の中でも医療機関で行う処理は、医療用レーザーを利用する非常に効果が高い処理で、回数も少なく、期間も短く処理できるので人気があります。医療用レーザーで毛母細胞など毛が生まれる場所、成長を促す場所を破壊するという方法なので、しっかりとその効果を実感できる方法です。

 

医療脱毛を行う際に、皮膚がんの心配がある?なんていう話を聞いたことがある方もいるのではないかと思います。クリニックなど皮膚科医師が行う脱毛は医療用レーザーを利用した脱毛です。メラニン色素に反応するレーザー光を利用し、毛穴の奥にある毛母細胞、毛根を焼き切る、破壊するという方法で永久脱毛が出来ます

 

レーザー光が毛母細胞に熱を与えそれによって破壊するという方法になりますが、皮膚がんのリスクがあるという考え方は、この脱毛に利用される光が紫外線と同じように皮膚がんのリスクを高めるのではという考え方ではないかと思います。

 

紫外線の浴びすぎ、日焼けを過度にすることは皮膚がんになる可能性を高めるという話は多くの方がご存知だと思います。皮膚にレーザー光を充てる脱毛も、皮膚がんのリスクを高めるのかもしれないと思うのも無理はないかも知れません。

 

しかし医療用レーザーによって皮膚がんのリスクを高める事はありません。脱毛に用いられている光に発がん性の心配はなく、紫外線などの光とレーザー光の光は種類が異なります。

 

皮膚がんのリスクを高めるといわれる光の波長は「紫外線」ですが、医療用レーザーで利用しているレーザー光の波長は「赤外線」で、全く異なる質を持っている光なので、レーザーによる脱毛で皮膚がんのリスクを高めるということはないのです。

 

光は波長の長さ、短さによって紫外線、可視光線、赤外線に分かれており、通常私達が目で認識できる光は可視光線です。それよりも波長が長い光が赤外線、短い光が紫外線です。こうした光は空間の電場と地場の変化によってつくられる波動「電磁波」に含まれています。この電磁波の波長が短いほどエネルギーが強く人体に悪影響を与えるとされています。

 

光の中で最もエネルギーが低く波長が長い赤外線は皮膚がんのリスクを高めるなどの悪影響がない光で、身近なところでは電気ストーブ、オーブントースターなどでも利用されています。脱毛で利用する機器についても、こうした赤外線を活用した機器といえるわけで、これによって人体に悪影響を与えたり、がんリスクを高めるということはありません。

 

医療脱毛はこんな人におすすめ

エステで行う光脱毛はかなり金額が低くキャンペーンなどを利用するととんでもない安い金額で利用できる、でも医療機関で行うレーザー脱毛は結構お値段が高いのでちょっと考えているという方もいると思います。

 

むだ毛の状態によって脱毛サロンで行う光脱毛でも回数が少なく期間も短く脱毛処理が終わるということなら、脱毛サロンの方がお得に利用できるでしょう。例えば毛がそれほど濃くない状態で、太さもない、全体的に薄いという人は光脱毛で人よりも少ない回数で脱毛処理が終わるかも知れません。

 

ただ光脱毛では長い期間がかかり、回数もかなりいってしまうなどから、医療脱毛の方が安心という方もいます。

 

毛が濃く本数も多く硬い、強い毛がたくさん生えているという人は、医療機関によるレーザー脱毛の方が安心です。クリニックで扱っている機器にも、最近は産毛などに作用するタイプがありますが、古くから利用されてきたアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなどの場合、太くて硬い毛もしっかり脱毛してくれます。

 

産毛がかなり多いという場合にも対応できる機器がありますので、医療機関で行う脱毛は、毛の状態によってどんな機器が適切かどうかを考え、クリニックを選ぶということもできます。

 

また全身脱毛をお考えの場合、医療機関で行うレーザー脱毛はセット料金でかなり安く利用できるため、お得です。高い効果、施術時間の短さ、また回数が少なく期間も短いという利点の多い医療脱毛は、毛が濃く量が多い、全身脱毛される方、広範囲に脱毛を考えている方にとってオススメできる脱毛です。

 

敏感肌やアトピー肌の方は医療機関での医療レーザーによる脱毛はできないと思っている方が多いのですが、医療機関で行う脱毛だからこそ安心ということがいえます。アトピーにしてもそのほかの皮膚に出てくるアレルギー症状にしても、皮膚科の医師はスペシャリストです。

 

医師が施術を行うレーザー脱毛は行う前に必ずカウンセリングを行い、肌の状態や質、また普段の肌の様子や慢性疾患などがないかどうかと確認を行います。その上で、脱毛処理を受ける方の肌の様子を確認しながら、肌トラブルが起らないように照射の強さなどを変えて処理してくれます。

 

もしも、処理によって肌にトラブルが起きたり、アレルギーがひどくなったという場合でも、医師がいるのですからすぐに対応してもらえますし、お薬などを早急に処方してくれるので、そういった面でも安心感の強い処理です。肌が弱い人、アレルギーやアトピーをお持ちの方にも、医師が行うレーザー脱毛はオススメなのです。

 

脱毛にかかる時間がもったいないと思っている人

自己処理をされている方にとって、脱毛サロンや脱毛クリニックに出向いて光脱毛やレーザー脱毛を受けるなんて面倒・・・と考える方も多いです。最近は駅近くやそのほか、様々な場所にこうした脱毛ができる施設が多くなり、エステでの脱毛もクリニックでの医療脱毛も気軽にできるようになってきています。

 

でもそこにいって脱毛処理を行う時間がもったいない、また通勤などのついでに行くということでもなければ、そこに行くことが面倒、時間の無駄ということを考える方もいるようです。しかし医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などを受けてこの先全く自己処理が必要ない状態になっている人からすると、自己処理を定期的に行う時間の方がもったいないし面倒・・と考えているようです。

 

シェーバーやかみそりならサッとできるという人もいますが、毛が濃い人は1日置き、いえ毎日処理することが必要という場合もあります。

 

ワックスや脱毛剤などもありますが、これも時間がかかりますし、定期的に行う必要があり、また肌を傷める危険性もあります。脱毛剤はむだ毛を溶かしてふき取るという方法で、毛を溶かす薬剤が利用されているので、肌の弱い方が利用すると肌トラブルの要因となる事もあります。

 

ワックスも強力な物だと、はがす際に皮膚を引っ張ってしまうので、皮膚表面に傷がついて炎症を起こすというリスクもあります。

 

カミソリの場合は、むだ毛を剃るだけではなくその周囲の皮膚にも刺激となり、あまりしつこく沿っていると、皮膚がヒリヒリと痛くなりますし、お風呂に入った時にしみて痛い、ひどい人になると赤くはれてしまうということも起ります。

 

傷が出来ればそこから細菌類が入り込み炎症を起こすこともあります。またカミソリによって自己処理すると、毛の切断面が鋭角になるので伸びてくるとかなり目立つむだ毛となり、結果、毎日のように剃らないとぶつぶつと黒く目立ってしまうのです。

 

毛抜は時間がかかりますし、健康な毛穴から毛を無理やり引き抜くので毛穴が広がり毛嚢炎の要因となる事があります。また毛穴に毛の元が残った状態で引き抜くと、そこに皮がかぶり埋没毛という状態になる事もあるのです。

 

トラブル、定期的に行う必要があること、それにワックスや脱毛剤など定期的にかかる費用などを考えると、キレイに脱毛してしまう方が安心といえます。毎日脱毛処理に通うのではなく、2ヶ月くらいに1回施術してそれを6回程度できれいになるのですから、面倒と思っている方がもったいないです。

 

永久脱毛を希望している人

エステで行う光脱毛、フラッシュ脱毛も、医療機関で行う医療レーザーで行う医療脱毛も同じように「永久脱毛」だと思っている方がいますが、そうではありません。永久脱毛と呼ぶことができるのは、医療レーザーを利用した医療機関による脱毛のみです。

 

アメリカのFDAという期間による定義によって永久脱毛は医療機関で行う脱毛とされていることもありますが、効果という面についても、医療用脱毛の効果は高く、期間も短く、回数も少なく的確な脱毛処理ができます。そのため、永久脱毛を希望されている方は、医療機関で行うレーザー脱毛を行うことが求められるのです。

 

ただ光脱毛等エステで行う脱毛も効果がないということはありません。永久脱毛といえるくらいの高い効果を得られる脱毛処理です。しかし定義に合わないということで永久脱毛という広告が出来ず、また効果等もレーザー脱毛より劣る、また万が一トラブルが起きた場合でも医師がいる医療機関での脱毛の方が安心ということもあり、永久脱毛を希望している場合、脱毛クリニックなどの脱毛処理の方が人気も高いようです。

 

永久脱毛は一定の回数、期間で脱毛が終了してから1ヵ月が経過して再生率が20%以下となる、などの定義となっています。永久脱毛というと毛がすべてなくなる事を意味していると感じますが、定義でも全く生えなくなる脱毛としていないので、まずは永久脱毛とは何かということを理解し、自分がどのくらいまでの永久脱毛をしたいのか、医師にしっかり伝え、スケジュールを組んでいくことが求められるでしょう。

 

全身の毛を脱毛したい人

むだ毛が薄い人にしてみればそれほど毛の事に悩むということもないと思いますが、毛が濃い、太い、本数が多い等、むだ毛がかなり目立つ方にとって処理は非常に大きな問題です。

 

夏場は肌の露出が冬よりも多くなりますが、電車のつり革につかまっている時、わきのむだ毛が気になってしまう人も多く、吊革につかまらなくてもいい場所に移動する方もいます。脚や腕の毛が濃いと夏は人の目に入る部分なので定期的に処理が必要です。

 

女性以外、男性もむだ毛について悩んでいる人は少なくありません。好きな女性から胸毛がある人は絶対無理といわれてしまったり、汚い、不潔といわれてしまうこともあり、女性が男性に対すてむだ毛についての考え方が大きく変わった現代では、男性もむだ毛の処理を真剣に考えているのです。

 

ひげ、胸毛、すね毛などの男性専用の脱毛クリニックなどが登場したことで、むだ毛についての悩みを解消される方が多くなっていますし、女性もむだ毛処理の費用が昔と比較して格段に低くなったことで、積極的に処理されています。

 

永久脱毛を希望される方が多くなっているのも、こうしたコンプレックスを払拭したい、必要となる自己処理を申したくない等、切実な悩みを持っている人が多いからといえます。

 

以前は職業柄肌の露出が多いモデルさんやタレントさんなどがおこなっていた脱毛処理ですが、現在は一般の方も多く脱毛処理されています。脱毛処理される時、わきや腕などの部位で処理される方もいますが、水着になった時などは背中や太もも、お腹の産毛が目立つ方も多いですし、最近は冬でもプールでトレーニング等される方も多いので、永久脱毛しておく方が安心ともいえます。

 

女性の多くが、全身のむだ毛について必要ないと考えていますし、最近は男性もVIOラインも含めて全てむだ毛を脱毛するという方が増加しています。医療脱毛なども全身脱毛のコースで行うことで非常に安い費用で処理できることもあり、脱毛するなら全身を・・という方が多くなっているのです。

 

全身脱毛を行うことでむだ毛に対するコンプレックスもなくなりますし、季節によってむだ毛に悩み処理を常に考えるということもなくなります。今むだ毛について自己処理を毎日行わなくてはならないという状態の方などは、その面倒な毎日の自己処理も必要なくなりますし、永久脱毛することでその処理を永久になくすことができるのです。

 

敏感肌の人

敏感肌の方はむだ毛処理をしたくても肌の状態が悪く、思うように処理できず悩んでいる方も多いですし、むだ毛が多いということから1年中長袖で過ごすという方もいるといいます。敏感肌だから脱毛処理は無理?と考えて、自己処理を続け炎症を起こしたり、肌の状態が悪くなってしまったという方も多いようです。

 

医療脱毛は敏感肌の方に向かない処理なのかというと、実は敏感肌の方でもアトピーなどの方でも、受ける事の出来る施術です。

 

医療機関で行う医療レーザーによる脱毛処理は、メラニン色素、黒い色に反応し毛根や毛母細胞を焼き切る、破壊するというシステムの機器です。アトピーをお持ちの方も、敏感肌の方にも無理な刺激を与えることなく処理できる方法です。

 

敏感肌の方はレーザーなどによる脱毛が出来ないと思っている方も多いのですが、カミソリや除毛クリーム、ワックスなどを利用する自己処理の脱毛は、肌表面の角質層に大きなダメージを与えることになります。除毛クリームもワックスも、皮膚表面に存在するセラミドという成分を削り取ってしまう処理になるため、余計に肌の調子を悪くしてしまうのです。

 

敏感肌、アトピー肌の方でも、炎症がひどい時期や強く出ている部分、色素沈着が強い場所などについて、医療レーザーが利用できないこともありますが、医療機関で行う脱毛処理ですから、医師が皮膚の状態をしっかり確認し、相談に乗りながらどのように対応していくべきか共に考えてくれます。

 

医療機関なので脱毛を受ける方それぞれの肌の具合、調子を確認し、質を見極めてから脱毛処理を行います。一人一人に合った照射パワーはどのくらいなのかなどを考慮して処理してくれるので、炎症なども起りにくい処理です。

 

医療用に認可されている特殊な機器によって脱毛を行うため、回数も少なく処理できるというメリットもあります。敏感肌だからこそ医師がいる医療機関での脱毛処理を考えていくべきでしょう。

 

脱毛効果をしっかり感じたい人

医療機関で行う医療脱毛の効果をいつごろから感じるかということに関しては、人によって違いがあります。人によってむだ毛が濃く、本数も多いという人もいますし、むだ毛が薄く本数も少ないという人がいて、むだ毛の状態によっても効果の感じ方は違ってくるのです。

 

医療レーザーを利用して行う脱毛は、メラニン色素に反応するレーザー光を利用するもので、照射するとメラニンがレーザーによって熱反応をお越し、メラニンが熱を放射することで毛母細胞が破壊され、毛が抜け落ちた後はもう一度毛が生えてくることがなくなるという仕組みです。

 

医療機関で行うレーザーを利用した脱毛こそ永久脱毛といわれ、エステで行う光脱毛やフラッシュ脱毛よりも高い出力で効果を発揮する方法です。エステの光脱毛などと比較すると、効果をしっかり感じ始める回数も早いです。

 

一般的に目立ったむだ毛がなくなるのは施術を5回から6回といわれています。実際に医療機関で医療用レーザーによる脱毛を行った方が効果を感じた回数は何回くらいだったかとアンケートをとった結果をみると、50%近くの方が3回から4回としており、中には1回から2階で効果を実感したという回答もあります。

 

5回から6回くらいで効果を実感した人は10%位です。効果を実感する平均回数が3回から4回、ほぼ見える毛が脱毛されて目立った毛がなくなったと実感できるのが5回から6回という結果です。

 

5回から6回くらいで効果を実感された方はどういった方なのかというと、産毛まで徹底的にむだ毛を無くしつるつる状態にしたいという方、顔などの細かい毛がある部分まで全身をすっきり脱毛したい等、産毛などもすべてなくしたいと考えている人のようです。

 

産毛までしっかり全身をつるつるにしたいと考えている方は、医療用レーザーによる脱毛の平均回数よりも多めに、10回から12回くらいの脱毛回数を考えておくと安心なようです。

 

医療レーザーの脱毛は1回目の施術から2回目の施術、3回目の施術・・・とその間に2ヵ月から3ヵ月程度期間を開けて施術を行います。きれいにつるつるにしたいという人の場合、ほかの方よりも回数が多くなることが予想されるので、1年半くらいから2年かけてじっくり脱毛していくことになります。

 

毛周期の関係もあり、この2ヵ月から3ヵ月というスパンを置いてレーザーを当てなければ、成長期に入っていない毛が多く施術する意味がありません。レーザー脱毛は成長期のむだ毛に効果があり、退行期や休止期のむだ毛に照射しても効果がありませんので、この期間は必ず必要となります。

 

効果をはっきりと感じるようになる回数は人によって違いますが、ほかの方法よりも早く効果を感じる施術といえるのが医療脱毛なので、よりしっかりと脱毛したいという方にはお勧めの方法です。

 

脱毛サロンで効果を感じれなかった人

現代の脱毛はどの施設の脱毛でも効果を実感できるといわれますが、毛の質や状態によって脱毛効果を感じなかったという方もいます。

 

脱毛は今、

  • 針脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)

という方法が主に行われています。

 

針脱毛はごく細い医療用の絶縁針を毛穴1本1本に挿入し、そこに微弱電流を流し、毛根部分を焼切るという方法ですが、この方法は非常に痛みが強く、また1本ずつにアプローチしていくことが必要なので、施術される方の技術や経験によってかかる時間もかなりになります。痛みが強く途中で施術を中止するという方もいて、現在、主流とはいえなくなった方法といっていいでしょう。

 

医療機関で行う医療脱毛は医療用レーザーを利用し医師が施術する方法で、医師以外施術する事は出来ません。医療用レーザーはメラニン色素に反応する単体のレーザー光を利用し、強い照射力でメラニン色素に作用し毛根、毛母細胞を破壊する方法です。痛みは光脱毛やフラッシュ脱毛よりもありますが、効果的で短期間、回数も短く施術できる方法です。

 

光脱毛はレーザー脱毛と同様に光を利用した施術です。ただ単体の光を利用するのではなく、複数の光を集めて照射し、メラニン色素に作用、毛根を破壊するという方法になります。ただ、こうした脱毛サロン等で利用する光脱毛は、医療機関で行う脱毛と比較して出力が弱くなっています。機器によってかなり弱めの出力ということもあるので、脱毛をされた方の中には、その効果を実感できなかったという方もいます。

 

効果のある脱毛となる光脱毛もありますが、機器の違い照射力の違いによって、効果が出にくいこともありますし、かなり本数が多く剛毛という毛がなかなか脱毛できないということもあります。

 

医療機関で行う医療用レーザーによる施術をうけに来る方の中には、脱毛サロンで効果を感じる事が出来なかったとして来院される方も少なくないといいます。せっかく高いお金を払って脱毛処理したのに、また毛がはえてきて効果を実感できなかったという方々です。

 

光脱毛やフラッシュ脱毛でしっかり効果があり、キレイに脱毛できたという方ももちろんいらっしゃいますし、効果を感じられなかったという方も、一度は毛が抜けていい感じだと思っていたのに、何回行ってもまた生えてきて・・と、一度は効果を感じたのに、回数がとにかくかかってこのままではいつ終わるのかわからないと、方法を変更することを考える方も多いのです。

 

医療用レーザーを利用した脱毛機器は光脱毛よりも強力な照射となりますし、光の質が違うので、医療機関で行ってしっかり脱毛効果を感じ、満足される方も多いようです。

 

医療脱毛のクリニックを選ぶポイントは?

現在はたくさんの脱毛クリニック、脱毛サロンがあり、都市部以外、地方にもかなり多くの脱毛施設がありますし、都市部では駅近くにかなりの件数があるというところも少なくありません。どっちにしても費用をかけて脱毛するのなら、効果が高く早く終わるといわれる医療脱毛の方がいいと、医療機関で行う医療用レーザー脱毛を選択される方も多いです。

 

ただこれだけ多くの脱毛クリニックや皮膚科が多くあると、どこで受けたらいいのか?正直迷ってしまう方も少なくないでしょう。数多くの脱毛クリニックからどこを選択すればいいのか、医療脱毛のクリニックを選ぶポイントとはどのようなことなのでしょうか。

 

まず施術を実際に受ける方が気になるのは、費用だと思います。医療機関で行う脱毛は脱毛サロンよりも費用がかかるといわれています。確かに料金をみると、脱毛サロンよりも高めです。その中でも、納得したサービス、施術、アフターフォローがあり、脱毛実績、経験共に高い医師がいるところ、さらに費用が納得できる費用のところを選びたいと思っている方がほとんどです。

 

医療レーザーによる脱毛は、医療機関で行う処理となりますが、保険適用外の施術ということでどうしても高くなります。最初に自分が脱毛処理にどのくらいの費用をかけることができるのか?ということを理解しておく方がいいでしょう。

 

自分が脱毛したいと思う部位はどこか、脇や腕などの部分的な所なのか、それとも全身脱毛を行うのかを決定し、その後、自分が出せる予算を決めます。その予算内で収まらない場合に、クレジットや分割などを利用することを考えていけばいいかと思います。

 

自分の予算を決定しておくこと、これも大切なことです。最近はクレジットの支払いや、脱毛クリニック独自の分割払いなどを行ってくれるところもあります。また脱毛した分、回数だけ料金を支払う月払いなども行っている脱毛クリニックがあります。

 

どのクリニックにもいえることだと思いますが、脱毛の料金は部位ごとの料金で全身を行うよりも、全身セットの金額の方が割引となっています。脇や腕などの部分的な個所だけ脱毛するということなら単体の金額で利用すればいいと思いますが、最終的に全体を考えているという方は、全身脱毛のセット金額を選択される方がより低くなります。

 

次にクリニックの店舗数がどのくらいあるのか?を確認します。医療レーザーによる脱毛は、通常2ヵ月から3ヵ月のスパンで5回から6回、むだ毛の状態によってはさらに回数が多くなります。そのため、気軽に通うことができる場所に店舗がある方が通いやすくなります。例えば職場の近く、自宅の近く、利用する駅の近くなどに店舗があるかどうかです。

 

また引っ越しなどされた場合、全国展開している脱毛クリニックなどなら、残りの施術をほかの店舗、支店で引き続き行うことができるというシステムを採用しているところもあるので、転勤、結婚などを考慮して店舗を探すということも大切なことです。

 

医療レーザーにも種類があり、ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザーなどそれぞれに脱毛の効果、施術に特徴があります。むだ毛の状態によってどの機器が合うのかを理解することも比較検討に役だつこととなるので、機器それぞれの特徴を理解して、それから自分に合った方法を選択する方がいいでしょう。

 

保証期間がある

医療脱毛は脱毛の施術の中でも効果が高く、回数や通う期間も短く済むのでこれから施術をうけようと思っている方も多いと思います。脱毛サロンなどで行う光脱毛と比較して、料金は少々お高くなりますが、それでも高い効果と脱毛の種類の中では短い期間で施術できるなど、非常に魅力的な脱毛方法です。

 

こうした医療機関で行う脱毛処理に関しては、脱毛保障を行っているところがあります。多くの脱毛クリニックなどで行っている脱毛保障ですが、この保証に関する内容はクリニックごとに違いがあります。

 

大きく分けると、

  • 全額返金保証
  • 期間保障
  • 脱毛保障

などの種類がありますが、最も多い保障は期間の保障になると思います。

 

期間の保障は例えば全身脱毛の施術を受ける場合、5回から6回など複数回通うことになります。この時、クリニックによっては回数券などを用意し、その有効期限がかかれていますが、これを過ぎても、全身脱毛の規定回数に達するまでは、引き続き施術を受けることができるという保障が、期間の保障となります。

 

このほかに、脱毛の施術が終わったけれど、仕上がりに満足できないという場合に、支払った金額を全部返金してくれるという保障です。ただ医療レーザーによる脱毛の場合、こうした効果がないと感じる人は、施術を受けた方の中で率が非常に低いのでこうした保障を設けている所は多くないと思います。

 

永久保証は回数無制限で脱毛処理を納得できるまで受けることができるという保証で、脱毛の施術が完了してから、数年たってむだ毛がでてきた等の場合、追加料金なしで施術してもらえるという保障です。

 

最近は永久保証を行っている脱毛クリニックが多くなりつつあるようです。ただ、利用するクリニックがどのような保障を行っているかについてはそれぞれのクリニックによるものなので、必ずカウンセリングなどの際に、こうした保障があるかどうか、またどういう補償内容なのかを確認しておく方が安心だと思います。

 

永久保証でも規定回数以外施術しないクリニックもありますし、逆に有効期限なしのコースを永久保証としているなど、永久保証の意味合いもクリニックによって扱い方が違うので注意が必要です。

 

リスクやデメリットもちゃんと教えてくれる

 

医療機関で行う医療脱毛は効果の高い方法として多くの方が経験され、むだ毛についてコンプレックスのない毎日を謳歌されている方も少なくありません。むだ毛処理に移行かどうしようか?と迷っていたけれど、もっと早くいけばよかったという方もいます。

 

今現在、脱毛処理をうけようかどうしようか迷っている方もいらっしゃると思いますが、脱毛クリニックなどでは、必ずカウンセリングなどの時間を設けているので、わからない事、気になる事、不安に思うことなどを聞くことができます。

 

カウンセリングの際には、脱毛を受ける状態の肌かどうかを確認するために、クリニック側も大切な時間と考えていますが、脱毛を受ける側もとても重要な時間です。カウンセリングを受けたから絶対に脱毛をしなければならないということはないので、まずは安心してカウンセリングを受けてみてください

 

カウンセリングの際には、医師またスタッフがそのクリニックで行っている脱毛処理について説明してくれます。どのような機器を利用して行うのか、完了するまでにどのくらいの期間がかかるのか、回数はどのくらいなのか、料金システムはどうなっているのかなどの脱毛概要の説明です。

 

また施術を考えている方のお肌の状態や質、過去の疾患などを確認するため、問診票へ記入するということも行っているところが多いです。お肌の状態をみて少し荒れている状態や、日焼けをしている場合には少し待ってから脱毛する方がいいですし、あまりにも乾燥が進んでいるお肌やアレルギーがあるお肌等の場合、レーザーの照射強度を考える必要があります。

 

アレルギーやアトピーなどの疾患を持っているかどうかなども確認してくれるので、施術を受ける人のことをよく理解してから脱毛処理するためにも必要なことです。

 

この時、施術を受ける側として、医療レーザーによる脱毛のメリットのほか、デメリットもしっかり話してくれるか、しっかりお話を聞くことが必要です。メリットばかりを話し、痛みを感じることがあるとか、お肌の状態によっては赤みがでる方もいるなど、デメリットをお話ししないクリニックはちょっと問題ありだと思います。

 

カウンセリングはメリット、デメリット両方を知っていても、施術を受けるかどうかを確認する時間でもあるからです。施術に関してデメリットをしっかり説明してくれるクリニックならお客様に納得して施術を受けてほしいと考えているクリニックと考えることができ、受ける側も安心できます。

 

わかりやすい料金表示

医療機関で医療用レーザーによる脱毛処理をされる方が最も気になる事といえば、やはりかかる料金だと思います。エステの光脱毛やフラッシュ脱毛と違い、医療脱毛は料金が高くなるので、どのくらいの費用が必要なのか、これを理解していないと不安です。

 

経済的に余裕がある方でも、大体いくらくらいかかるのか知っておきたいでしょうし、ずっと脱毛したいと貯金してきた方からすれば、その予算内で収まるかどうかやはり気になるでしょう。

 

医療機関で行う脱毛でも、脱毛クリニックによって費用はバラバラです。こうした医療用レーザーで行う脱毛は保険適用外となるので、料金はクリニック側が決定します。そのため、相場もあってないようなもので、クリニックそれぞれの料金体系を確認しておく方が安心です。

 

非常に安い費用のクリニックもありますし、ある程度の金額が必要となるクリニックもあります。最近はほとんどの脱毛クリニックでインターネット上にホームページを持っており、そこに、脱毛する際に利用する脱毛機器の種類や、施術できる部位、営業時間やアクセスなどと共に、料金表示されていると思います。

 

ホームページを持っているほとんどの脱毛クリニックで料金が提示されているので、そこで脱毛したい部位の金額、また全身脱毛するといくらになるのかなどを確認するといいでしょう。

 

どの脱毛クリニックも、しっかりと料金がわかるように部位、プランなど様々な料金表示をしてくれています。自分が受けたい部位はどのくらいの金額になるのか、またほかの脱毛クリニックでは同じ施術でいくらなのか、料金と共に脱毛内容や実績なども確認しておきます。

 

表になっていて、腕、脇、二の腕、背中、VIOラインなどに金額が表記されている非常にわかりやすい表示もありますし、セット料金にも細かく部位が表示されているので、セット料金で施術をうけられる部位についても確認します。というのも、クリニックによって全身脱毛でも、顔が含まれていない、VIOラインが含まれていない、Iライン、Oラインが含まれていないという場合もあるからです。

 

セット料金の詳細もしっかり部位がかかれていますので、部位すべてが含まれているのか、それとも含まれていないのか、料金と共に内容も確認が必要でしょう。

 

同じ金額でも施術内容が優れていてさらに経験数も多く実績も高いなどの場合、口コミサイトや掲示板を見てみたり、実際にそのクリニックで施術された経験をもっている方の意見などを確認してみると、サービスに違いがあると分かる事もあります。保障内容やセットの回数、その有効期限や支店などの存在も、一緒に確認しておくとより安心して施術を受けることができます。

 

医師の情報がしっかりしている

医療脱毛は医師が医療用レーザーを使って脱毛処理します。この医師が施術してくれるということが、医療機関で行う脱毛の大きな魅力ですし、医療機関で行うということで、万が一のトラブルがあった場合も、しっかり対応してくれるということも非常に大きな安心感があります。

 

光脱毛や針脱毛、それに医療用レーザー脱毛など、脱毛の施術には種類がありますが、中でも医療機関で行う医療用レーザー脱毛が人気となっているのは、効果の高さ、回数の少なさ、通う期間の短さなど、様ざまな魅力があるからだと思います。

 

中でもやはり医師が行う施術ということへの安心感は強いものです。脱毛を行う医師は皮膚科の専門的知識を持っている方なので、施術前、肌の状態をみてどのくらいの出力で脱毛処理すればその人に合った施術になるのか確認してくれますし、アフターフォローも安心です。

 

このクリニックごとに常駐しているはずの医師の情報について、脱毛クリニックのホームページなどでしっかりと確認できるということも医療用レーザー脱毛の安心感の一つといえます。

 

光脱毛やフラッシュ脱毛などの場合、勿論、脱毛サロン独自の教育を受けてお客様に施術できるだけの実力、ノウハウを心得た方が施術されています。独自の資格を設けている脱毛サロンなどもあるので、技術的に不安ということは少ないと思います。しかし、医師のように国家資格を保有されていることはないですし、ホームページに施術されるスタッフ全員の実績や経験が掲載されているということはありません。

 

医療脱毛の場合は、インターネットのホームページ上に、どの医師が施術を行うのかしっかり情報が掲載されているところがほとんどですし、その医師がどのくらいの経験と実績があるのかという紹介をしっかり行っているクリニックも多いです。

 

ただ医師がいるということではなく、医師にも経験数の違いや実績の違いがあります。人気の脱毛クリニックをみてみると、実績、経験共に高い医師がいる所の方が人気も高いです。

 

脱毛は医師に治療してもらうところではありませんが、自分の肌に施術を施してもらうことになりますので、やはり安心して脱毛処理を受けられるところで施術をうけたいと思うのも当たり前のことです。医師が複数いる所であっても、全員の経歴、実績がしっかり紹介されているので、施術を受ける側は、医師の経験や実績を理解しながら安心して施術を受けることができるのです。

 

契約前にカウンセリングを受けられる

医療脱毛も光脱毛も、本格的に脱毛処理をうけようと思うときには、ある程度の期間が必要となるため、夏が終わってからすぐ、脱毛施設に通い始めるという方も少なくありません。医療レーザーを利用した脱毛なら、一般的に2ヵ月から3ヵ月のスパンで、5回から6回、施術を受けることで全身脱毛なども終了するので、余裕を持って来年の夏に向けて処理できます。

 

効果が高く、施術時間もほかの方法と比較して短く、回数も少なく通う期間も短いという医療レーザーを利用した脱毛は、脱毛処理の中でも高い人気を誇っており、多くの方が利用されていますが、中には、レーザーを肌に照射するということに不安をお持ちの方がいます。

 

また脱毛サロンなどで行う光脱毛やフラッシュ脱毛と比較して、料金が高くなるということについても不安を持っている方がいますし、脱毛サロンのように施術後、しっかりとアフターケアを行ってくれるのか、など、美容的な面で不安を持っている方も少なくありません。

 

美容的な面で行けば、脱毛クリニックは医療機関ですが、最近は脱毛専門クリニックとして施術しているところも多くなり、こうした機関ではレーザー脱毛の後、しっかりと肌トラブルが起きないように冷却や保湿などを、サロン並みに行ってくれるところも多くなっています。

 

ただこうした不安をお持ちのまま、クリニックで脱毛処理を依頼するということも不安だと思うので、多くのクリニックでカウンセリングの時間を設けているのです。カウンセリングでは医師やスタッフが、実際にそのクリニックで行う脱毛処理の流れや、どんな脱毛機器を利用して施術するのかなど、脱毛に関する技術的な部分の説明もしてくれますし、費用がどのくらいかかるかという説明もしてくれます。

 

もちろん、不安なことや知りたいことなどを医師やスタッフなど、カウンセリング対応してくれる方に質問することもできます。クリニックに行くと緊張して聞きたい事の半分も聞けなかったという方もいるので、聞きたいことを箇条書きにしてメモにしてから行くと安心です。

 

カウンセリングは脱毛を考えている方が施術できるお肌の状態かどうかを確認するという意味でも行われますが、脱毛処理を受ける方が安心して不安なく施術を受けることができるように、不安要素を払拭してもらうためにも行われることです。

 

カウンセリングに行くことが不安、そのまま契約とかにならない?と心配される方もいますが、強引な勧誘などを行っているクリニックはほぼないといわれているので、安心してカウンセリングを受けてほしいと思います

 

医療脱毛についてのまとめ

脱毛サロンや脱毛クリニックでプロによる脱毛処理が行われるようになり、最初のうちは費用も高くとても一般の私たちが施術をうけられるほどの金額ではなくかなり高額でした。著名な方やモデルさん、タレントさんなど経済的に余裕がある方、また仕事上、肌を露出する機会が多い方々が利用する施術といってもいいくらいに、特定の方々が行う施術というイメージがありました。

 

部位ごとの施術でもかなりのお値段だったので、脱毛サロンでも医療脱毛でも脱毛したいという気持があってもなかなか施術を受けることができない状態だったのです。

 

しかしだんだんと費用が低くなっていき、一般の方々も積極的に脱毛を行うようになり、脱毛サロンで行う光脱毛もフラッシュ脱毛も、医療機関で行う医療用レーザーの脱毛も、人気となり、今では大勢の方がこうした脱毛処理をうけられ、むだ毛に関するコンプレックスを払拭しています。

 

医療脱毛は脱毛サロンで行う処理よりも高いといわれますが、医療用レーザーを利用した脱毛は光脱毛と比較して、照射能力が高く質の違う日レーザー光を利用しているので、高い効果があり、脱毛回数も少なく、短い期間で終わることができる画期的な脱毛として知られるようになっていきました。

 

現在、脱毛専門クリニックなども多数登場し、中には時代に合わせて男性専門の脱毛クリニックを展開されているところもあります。

 

女性からみた男性のむだ毛の印象が大きく変わり、昔のようにむだ毛が毛深い方が男らしいという女性は少なくなっています。胸毛は男性のセクシーさの象徴といわれていましたが、現在では気持ち悪いといわれることが多く、男性のひげも、男性らしい象徴といわれていたものができればない方がいい、薄い方がいいと意識がかなり変わってきています

 

男性も面倒な毎朝の髭の処理、夏になって短パンをはきたくてもすね毛が気になってはけないという状態を、脱毛処理することで払拭され、より美しい男性が多くなったといわれています。

 

男性のひげや胸毛、すね毛などは女性よりもより濃く、本数も多いので医療用レーザーによって脱毛する方が、効果的だと思いますし、少ない回数でしっかりと脱毛できると思います。鼻の下の髭など、痛みが心配という方も少なくありませんが、麻酔を行ってくれる脱毛クリニックもあるので、痛みについての心配はそれほど必要なくなってきています。

 

むだ毛処理は様々な方法がありますが、医師が医療機関で行う処理は、医療用レーザーであり、またこの医療用レーザーによる脱毛こそ、永久脱毛とよばれる脱毛です。これから先、脱毛処理をしたいと考えている方は、エステの脱毛、クリニックの脱毛、それぞれの特徴や魅力を理解し、自分が理想とする脱毛ができるように選択していくといいと思います。

 

医療脱毛は中でも、医師が行う施術であり、医療機関で行う施術で安心感が非常に強い施術です。メリットが高い方法となりますが、デメリットもありますのでしっかり理解し、自信を持って肌を出せる脱毛処理を選択してほしいと思います。