人に触られても大丈夫?完璧なスベスベの足を手に入れるには足脱毛しかない!

MENU

完璧なスベスベの足を手に入れるには足脱毛しかない!

むだ毛が濃い事でそれがコンプレックスとなっている人は非常に多いです。女性でも脇、腕の毛、足の毛などが濃く、夏場、露出が多くなる季節に毎日のように自己処理しなければならないという人も少なくないでしょう。

 

世界ではわきの毛についても、その他体毛についてもそれほど気にならない、処理することがないというお国もありますが、日本の場合、特に女性はむだ毛の処理を行っていないとずぼらだとか、女性としてあり得ないとか、既にマナーとして扱われることも多いので、女性にとって大きなストレスです。

 

最近は男性についても胸毛が気持ち悪いとか、すね毛が濃くていやとか、むだ毛を毛嫌いする女性も多く、男性専用の脱毛サロンなどに通う方が増加傾向にあるといいます。

 

特に目立つ足の毛については足脱毛等部位別の脱毛によって脱毛処理される方もいますし、全身脱毛の中で足脱毛も行い、すべすべのきれいな足を手に入れている方もいます。

 

見た目という点において、足のむだ毛というのは非常に大きな要素となりますので、面倒な自己処理を毎日行うのではなく、しっかりと光脱毛や医療レーザー脱毛、ニードル脱毛などでその後面倒な処理をしなくてもいい足脱毛を行うことも一つの方法、選択肢だと思います。

 

自分で足の毛を処理するタイミング

体毛の濃さは人によってそれぞれで、本当に薄く、自己処理もほとんど必要ないというくらいに体毛が少ない方もいますし、逆に毎日処理しないと対応が目立ってどうしようもないという方もいます。

 

手足の毛が薄いのにわきの毛が濃いという方もいますし、わきの毛は薄くても足の毛、腕の毛が濃く産毛も多くかなり目立つという方もいます。

 

人によって毛の質、生え方などはそれぞれなので、処理についても定期的に行う、毎日行う、たまに行う等、タイミングが違います

 

しかし思春期以降、ほとんどの女性が体毛の処理を考えるようになりますし、男性についても胸毛、すね毛等について処理を考える人が多くなっているといいます。

 

最近は母親が娘さんを連れて脱毛処理に通うということもあるといわれており、自分の様に体毛の処理に悩んでほしくないという考え方を多くの方がお持ちのようです。しかし一般的には、自己処理されている方が多く、脱毛処理に行こうかどうか悩んでいる方もおいと聞きます。

 

足の毛はむだ毛の中でも目立つ部分で、女性はスカートをはくのでより目立ちます。毎日処理しないと毛が成長してきて目立つという人の処理タイミングは毎日、1日置き等といいますし、それほど濃くない方も1週間に1度等、生えてきたタイミングをみて処理されているようです。

 

これから足脱毛をしようと考えている方は、まずその自己処理をやめて少し生えた状態にしておくことが求められます。針脱毛の場合は気にしなくてもいいと思いますが、光脱毛や医療用レーザーを利用した脱毛の場合、皮膚表面に毛が見えていないと、メラニン色素に反応する光、レーザーを利用するので脱毛できないのです。

 

そのため、ある程度毛が生えている状態が望ましいといわれています。また一度に全部、足脱毛を行うというのは無理で、針脱毛の場合はなるべく早くいつまでに・・と伝えると、希望に添うように回数を多くしてくれると思いますが、光脱毛やレーザー脱毛の場合は、毛周期を考慮し施術していくので、タイミングを考えなければなりません。

 

光脱毛やレーザー脱毛で処理できるのは、成長期、つまり皮膚状に毛が出ている状態でなければならないので、退行期や休止期にあるむだ毛については肌の奥にある、また生まれていない状態なので処理できません。通常、2ヶ月から3ヵ月くらい成長期になるのを待って、次の施術タイミングとなります。

 

足脱毛をする場合には、まず自己処理されている場合、ある程度伸ばす、それからカウンセリングにいって毛周期のタイミングをみてスケジュールを決定します。また女性の場合、生理の際には脱毛処理出来ないとする施設も多いので、生理を考慮してスケジュールを考えていくことが必要となります。

 

人に触られても大丈夫な状態に持っていくのは難しい

足のむだ毛については人の目に入りやすい部分なので、自己処理されている方が多いのですが、カミソリの場合には生えてくると、カミソリで剃った部分が鋭角に成長してくるので、その断面が目立つようになり、触ってもチクチクと手に触れるため、定期的に処理が必要になります。

 

毛抜にしても足脱毛の様に毛乳頭や毛母細胞を破壊するという方法ではなく、無理やり毛穴から引っ張り出すということになるので、脱毛処理とはなりません。そのため、途中で切れてしまった毛が埋没してしまう埋もれ毛、埋没毛となってより目立つようになったり、開いた毛穴に汚れが入りやすくなり炎症を起こす、ぽつぽつと黒く目立つようになるなど、やはりきれいに処理できるとは言い難いです。

 

人に触られても全く問題なく、大丈夫な状態にしたいと足脱毛する方も多いのですが、完全に毛がない、つるつるの状態にするというのはなかなか難しく、そうなるまでにはかなりの時間がかかります。

 

針脱毛の場合、毛穴ひとつずつに針を挿入し微弱電流を流して破壊するという方法ですが、それでも取りこぼしがあれば、また施術を受ける必要があります。きれいにつるつる状態にすると考えると1年、2年は考えておくべきです。

 

脱毛サロンで行う光脱毛は威力が低いので医療用レーザーによるレーザー脱毛と比較して、脱毛完了となるまでに期間がかなり掛かりますし、医療用レーザーにしても、後から出てくる毛が全くないということはないのです。

 

しかし通常、医療レーザーによる脱毛については、永久脱毛といわれているので人に触られてもつるつるという状態になるのでは?と考えます。しかしレーザー脱毛の定義をみると、脱毛処理が完了しその後1ヵ月たっても6割以上が脱毛されている状態であれば永久脱毛とするということなので、完全に脱毛したいということならやはり長い期間、毛が出てきたら通うということが必要となる事もあります。

 

人に触られても大丈夫な状態に持っていくことは、毛質、毛の生えている状態などから難しいとされることもありますので、足脱毛の場合でも、完全除去ということを考えるのなら人よりも長いスパンで脱毛処理を考えていく必要がありますし、出てきた毛については、その部分だけ処理に行く、若しくは自身で抜くなどの処理をすることもあると理解しておきましょう。

 

足は乾燥しやすい部位でもある

足のむだ毛は人から見える部分なので女性は特にきれいに脱毛したいと思う場所ですし、男性も近頃は女性がすね毛などに対し、気持ち悪いとか汚いとか言われることが多くなっているので、足脱毛のむだ毛をきれいにするとか、針脱毛によって間引きするなど、脱毛処理されています。

 

足脱毛の前に、足という部分は非常に乾燥しやすくなっているということを理解しておかなければなりません。すねは白く粉を吹いたようになってしまう方もいますし、かかとなどはヒビわれでストッキングが伝線したり、ひび割れがひどくなり出血ということもあります。

 

足は元々皮脂腺が少ない部分で乾燥しやすいといわれる部分です。若い人でもお顔の乾燥が進むと足もひどく乾燥するようになります。またオフィスでは常に空調がきいている状態なので、より一層乾燥しやすくなります。

 

皮脂腺は皮膚を保護するためにあるモノで、皮脂を分泌する部分です。これが元々少ない足は、足の皮膚を保護する膜が作られにくいということになるので、乾燥しやすいのです。足が乾燥しないように保湿ケアを行う必要があります。

 

あまりにも乾燥が進むと、レーザーや光による足脱毛を行った時に炎症したり、肌が赤くなるなどトラブルがある事も考えられます。特にレーザー脱毛や光脱毛は施術後、乾燥しやすいので、乾燥から守るためのアフターケア等も行われています。

 

足脱毛を行う前に、乾燥した状態で肌にトラブルを起こさないように、しっかりとお風呂の後などに化粧水等によって水分補給し、そこを乳液や保湿クリームなどを利用し水分に蓋をするようなケアを心がける方がいいでしょう。

 

足脱毛にはひざ下とひざ上がある

足のむだ毛を自己処理されている方でも、次の夏までには絶対にきれいにするぞと、足脱毛等、脱毛サロンや医療脱毛などで脱毛することを考える方が多いようです。

 

脱毛というと、足脱毛の様に部分的な脱毛でも以前はかなり高額な予算が必要で、ちょっと一般人には手が出せないという施術でしたが、今では十分一般の方が利用できる金額となっています。わきの脱毛などは気軽に皆さん受けていらっしゃいますし、足のむだ毛、手のむだ毛、また背中などの見えない部分の処理なども行っています。

 

足脱毛といっても部位は分かれていて、脱毛を行うクリニックやサロンでも、異なる事が多いので確認しておく方がいいと思います。

 

足脱毛は一般的に膝下、膝上と別れていますが、中には膝下、膝上、膝と三つの部位に分けていることもあります。また足を太ももと膝下と膝から分けていることもあるので、まずは確認することが必要です。

 

膝下と太ももという分け方の場合、太ももは膝を含まず足の付け根部分までという分け方で、膝下は膝を含み足の甲までという分け方をしています。クリニックや脱毛サロンによって、どこまでがどの部位に含まれるのか、違いがあるので、部位を詳細に記した表などがホームページなどにあるようならしっかり見ておくべきです。

 

これは全身脱毛にもいえる事でクリニックやサロンによって、顔が含まれる、含まれない、VIOラインが含まれる、含まれない、またVラインのみ含まれる等違いがあるのと同じです。クリニックなど施設ごとの部位に対する考え方が違い、規定されているわけではないので確認が必要なのです。

 

足脱毛の予算はいくら?

女性はむだ毛の処理を行うことがもはやマナーというべきもので、処理されていない状態をみられて「だらしない女性」「女性らしくない」「ずぼら」などといわれてしまうこともあるので、特に社会人であればしっかりと処理しておくことが求められるといっても過言ではないでしょう。

 

自己処理されている方もいますが、毛が濃い人はすぐに生えてくるので定期的な処理が必要ですし、処理する時間がなかった・・と処理せず、ストッキングからむだ毛がぽちぽち顔を出すなんて状態は人にみせたくありません。

 

となると多くの方が、脱毛サロンで行う光脱毛や医療機関で行う医療レーザーなどの処理を考えますが、ここで気になるのは費用です。脇などの場合、それほどかからないといわれますが、足脱毛を行う場合にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

脱毛サロンは光脱毛になるため、レーザー脱毛と比較して効果が低めで1回あたりの料金は安いですが、回数が多くなるといわれていますし、その分長く通うことが必要といわれます。その代り、痛みが少なく皮膚に刺激も少ないといわれる脱毛処理です。

 

一般的な、足脱毛完了までの相場ですが、脱毛サロンによって違いもあり、だいたい35000円くらいから53000円位といった所の様です。これは足脱毛1か所にかかる費用となるので、膝上、膝下の場合かける2と考えておく方がいいようです。サロンによって部位の分け方が異なるので、心配な場合はどのくらいの費用になるかサロンに質問してみるといいと思います。

 

医療レーザーによる脱毛では、光脱毛よりも照射強度が強く効果が高いので少ない回数で済む、ただ痛みは光脱毛よりも強い等の特徴があります。一般的に膝上は93000円から113000円位、膝下は68000円から83000円位といわれています。

 

こうした金額はあくまでも相場、一般的な平均値となるので、どこで施術するかによって違いがあります。参考程度に理解し、実勢に受ける場合にはそのクリニック、サロンの金額を調べてから利用するようにしましょう。

 

足脱毛はサロンやクリニックで!

多くの方々、一般の方々が脱毛処理を積極的に受けるようになった現代、女性の皆さんをみるとむだ毛処理されている美しい肌の方が多く、みなさんお美しいと感じます。女性にとってむだ毛を処理するということは、見た目に自信を付けること、また自由なファッションを楽しむためにも重要な事です。

 

自己処理が一般的だった以前と比較すると、脱毛サロンや脱毛クリニックの脱毛費用がかなり低くなったことで、本格的に脱毛される方が多くなり、自己処理されている方も、脱毛処理を考えている方が多いのではないかと思います。

 

脱毛サロンでも脱毛クリニックでも、脇や足脱毛等、部位によってキャンペーンや割引サービスなどでお試しできるようになっていますので、これから脱毛を予定されている方は、まずこうしたお試しを受けてみると、どのような施術を行うのか理解できます。

 

光脱毛も医療レーザー脱毛も、利用されている機器がかなり進化し、痛みの少ない物、効果を高く出せるものなど多くなっています。またアフターケアについてもしっかりしている施設が多くなり、トラブルなどもほとんど聞かなくなっています。

 

男性も脱毛する時代に入り、男性専用の脱毛サロンや脱毛クリニックなども沢山登場していますので、これからの時代は男女ともに、自分が理想とする脱毛処理ができるようにさらに機器、サービス共に向上していくと思われます。

 

自己処理でお肌トラブルを起こしたり、面倒な思いをするのなら、やはり足脱毛など脱毛はサロンやクリニックで行うことをお勧めします。