脱毛に行ったら余計に毛が濃くなった!?その現象は「硬毛化」硬毛化を避ける為には?

MENU

脱毛に行ったら毛が濃くなった?その現象は「硬毛化」?

むだ毛をなくしたいという願いをもって光脱毛やレーザー脱毛の施術を思い切って受けたのに、毛が太くなった?増えた?なんていう報告があること、みなさんはご存知でしょうか。

 

これは硬毛化と呼ばれる状態で、光脱毛、レーザー脱毛の施術を受けた毛が「脱毛前よりも太くなる」という現象なのです。

 

産毛だった毛がしっかり太いむだ毛に変わってしまった、何も生えていないと思っていた当りから毛が生えてきた・・・という言うこともあります。またそのほかにも多毛化と呼ばれる現象があり、光脱毛やレーザー脱毛を行った部分だけ、脱毛するよりも毛が増えたという報告もあるのです。

 

むだ毛をなくしたいと思って脱毛に通ったのに毛が濃くなったり本数が増えるなんてことが起きればかなりショックです。どうしてこのような硬毛化という現象が起こってしまうのか、原因については科学的に解明されていないのですが、こうではないか?と考えられる原因、要因があるようです。

 

硬毛化とはどういった状態になるのか、またどうすればいいのか?詳しく知識を持っておくことも必要です。

 

脱毛が原因で毛が濃くなることがある!?

レーザー脱毛も光脱毛も現在主流といわれる脱毛方法で、脱毛サロンや脱毛クリニックなどで多くの方がその施術を受け、むだ毛のない肌を手に入れています。最近は男性もむだ毛に対する意識が変わり、ヒゲの間引き処理や胸毛の脱毛、またすね毛などの脱毛も積極的に行っているようです。

 

しかしこうした光を利用する脱毛処理を行ったことで、かえって毛が太く濃くなってしまったという方もいます。脱毛が原因となって毛が濃くなることがあるなんて、逆の効果になってしまうのですからこれはしっかり理解しておくべきことです。

 

脱毛処理によって毛が濃く硬く太くなってしまったという報告については、光脱毛、レーザー脱毛を行った人から寄せられています。原因、メカニズムについて科学的に解明されていませんが、光の照射によって何等かの刺激が起り、その中で硬毛化するのではないかと考えられています。

 

レーザー脱毛光脱毛はメラニン色素に反応する光を利用して脱毛しますが、メラニン色素、つまり黒い色が薄い産毛などについては、中途半端に光が照射されている可能性が高く、その中途半端な弱い熱量の光を毛根部分が吸収することで、脱毛ではなく、活性化につながってしまうのではないかと考えられているのです。

 

実際に、光脱毛やレーザー脱毛を経験された方の中には、産毛だったのにその部分の毛が濃くなり、今までとは違いかなり太い毛が生えてきたという報告や、むだ毛がある部分は脱毛できたけど、その周囲の毛がない部分から毛が生えてくるようになったという報告が寄せられています。

 

但し、レーザー脱毛や光脱毛を行ったすべての人がこうした報告をしているのではなく、こうした報告があるのは一部であり、全体に及んでいないことで、科学的にこうした仮説を論理づけて説明することが出来ない状態です。毛が細かった部分や産毛だった部分が脱毛処理によって濃くなるというのは、現実に報告されていることで、それほど多くはありませんが、こうしたことに悩んでいる方もいるのです。

 

硬毛化のメカニズム

フラッシュ脱毛、光脱毛、レーザー脱毛によって脱毛する前よりも毛が太く濃くなった、という状態を硬毛化といいます。また多毛化という現象、つまり、脱毛処理を行うことで毛が多くなったように見えることを多毛化といいます。ただ人の毛穴の数というのは、生まれた時からずっと同じで変わる事はありません

 

そのため、光脱毛やレーザー脱毛などを行ったことで、増毛化するということは通常ありえないことで、これは硬毛化した毛が太く目立つようになるので毛が多くなったように見えているだけです。つまり多毛化と呼ばれている現象も実は硬毛化が起こしているものということができます。

 

光脱毛、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛など、むだ毛をなくしたいという気持ちをもって施術を行ったのに毛が太く黒々と目立つようになってはどうしようもありません。なぜこのような「硬毛化」という現象が起こるのかでしょうか。

 

科学的に明確な原因はわかっていません。フラッシュ脱毛は複数の光、レーザー脱毛は単体のレーザー光を利用して脱毛するのですが、いずれもメラニン色素に反応する光、レーザー光が毛根の毛母細胞や毛乳頭を破壊するという方法です。メラニン色素がよりはっきりしている毛根部分について、光が非常に反応しやすくなり、濃い毛、太い毛になるほど脱毛しやすくなります。

 

産毛、細い毛についてはメラニン色素が薄く脱毛処理する光に反応しにくくなり、毛根に伝わる熱量が弱くなります。脱毛まで行かない中途半端な光によって毛根が活性化され、結果、太い毛、つまり硬毛化が起るのではないかと考えられているようです。これは科学的に証明されていることではありませんが、硬毛化した毛の多くが産毛、細い毛だということをみてもこの見解は正しいのではないかとされています。

 

光脱毛、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛のいずれも、1回の照射でその部位の脱毛が終わるということはなく、通常複数回同じ部位に光を照射します。毛周期の中でも成長期になるのを待つことが必要になるため、複数回の照射が必要となってくるのですが、メラニン色素が薄い毛根であっても、複数回照射することで自己防衛反応が高まり毛根が強くなってしまうことも、硬毛化の原因ではないかと考えられています。

 

ただいずれも科学的に証明されたことではなくそうではないかという研究段階です。しかし多くの研究者、脱毛の係る医師がメラニン色素が薄い部分に照射することでおこる毛根の活性化、また複数回行うことで起きる自己防衛反応が原因ではないかと理論づけています。

 

硬毛化は治るの?

光脱毛やレーザー脱毛等光を利用した脱毛を行うことで、かえって毛が濃くなる、太くなるような状態を硬毛化といいます。

 

脱毛処理に行ったのに毛が濃くなった・・・ということでは意味がありませんが、こうしたことがまれに起こるということも理解しておくべきです。

 

硬毛化は誰にでも起こるということではなく、光脱毛やレーザー脱毛の施術を受けた少数の方がこうした硬毛化について報告しています。

 

症例では、全体の約10%といわれていますが、最近は硬毛化することがあるということを、脱毛クリニックや脱毛サロンなどで、「硬毛化が起りそうな方へ」注意を促すこともあるようです。

 

硬毛化が起りやすい部位としては、産毛、細い毛が多い部分、硬毛化が起りにくい部分としては、脇、口の下、鼻の下、膝下等濃い毛が多いといわれる部分です。

 

もしも自分が脱毛を行って硬毛化してしまった場合、治るのかどうかということが一番知りたいことだと思いますが、硬毛化した毛をそのまま放置しても治る事はないといわれています。体毛というのは増えることがあっても、何らかの原因がない限り減る事は少ないといわれています。

 

硬毛化のメカニズムがしっかりわかっていれば、何らかの対策が取れると思いますが、現段階では完全に治る方法が確立されていないので、手探り状態でその人の毛の状態を確認し、対応していくということになります。

 

放置しておけばいいかというと、そのまま硬毛化した状態の毛がまた生えてくることもあるようですし、硬毛化した毛が抜けた後は、以前と同じくらいの太さ、濃さの毛が生えてきたという方もいます。硬く濃くなった毛がどのようになっていくかということも、まだまだ研究途中でしっかりと理解されていない状態なのです。

 

ただ硬毛化については各脱毛サロンや脱毛クリニックなどで、対応策をいくつ考えているようなので、硬毛化した部分があればサロンやクリニックのスタッフの方に知らせて、対策を練ってもらうことが必要でしょう。

 

もし脱毛後に硬毛化してしまったら

硬毛化のメカニズムはわかっていない、しかしレーザー脱毛や光脱毛と行った人に起る現象ということで、逆に硬毛化するのはこういうことではないかということを考えて、レーザー育毛器等も開発が進められているといいます。

 

メラニン色素が薄い産毛等がある部分で硬毛化が起きやすいということで、こうした場所では、レーザー光やフラッシュ脱毛の光を照射しても毛根部分に熱の伝わりが悪くなり、中途半端に刺激してしまう、それによって毛乳頭や毛母細胞が活性化され毛が濃く、太くなっていくのが硬毛化です。

 

ではこうした脱毛処理によって硬毛化となってしまった毛を脱毛サロンや脱毛クリニックなどでどのように対応してくれるのでしょうか。

 

まず光脱毛やレーザー脱毛の照射レベルを下げて照射し、脱毛できるかどうかを試みるという方法があります。以前よりも毛が太く濃くなっているので、照射レベルが弱くても脱毛できるという考え方です。勿論この後、再度毛が生えてこないかどうか、経過を観察することが必要ですが、まずこの方法を行う所が多いようです。

 

どの位で毛が無くなるのか?またこれによってまた毛が濃くなるということも考えから得るので、レベルの強度や回数等もしっかり考えて対応しなければなりません。

 

回数無制限の脱毛プランなら回数が多くなってもいいのですが、回数に制限がある場合、保障などがどのようになっているか確認しておく方が安全です。脱毛した箇所に納得できない場合には回数を超えても処理するという保障があれば対応してもらえると思います。

 

施術を受けている方側の対策とも考えられますが、医療用レーザー脱毛を行っている脱毛クリニックでは、針脱毛つまりニードル脱毛も行っているという所があります。最近は男性が髭の脱毛などを行う際、濃く太くなかなか脱毛効果が発揮されない時に、ニードル脱毛を併用して行うこともあるようです。

 

ニードル脱毛は毛穴一つ一つにごく細い針を挿入し、そこに微弱電流を流して確実に脱毛するという方法になるので、硬毛化した毛についてもしっかり脱毛できます。硬毛化した毛だけに針脱毛を施して、その他の部位は通常のレーザー脱毛で処理するという方法なら、しっかりと硬毛化に対応できると思います。

 

硬毛化については脱毛サロンも脱毛クリニックも模索状態なので、対策についてもその方の毛の状態を確認しながら慎重に行っていくと思います。そのまま対策もなく放置するしかないということはないので、脱毛サロンや脱毛クリニックのスタッフ、医師に相談しながら、硬く濃く太くなった毛をどのように脱毛するか、しっかりと考えてもらいましょう。

 

脱毛する前に必ず相談しよう

脱毛することによって毛が硬くなる、濃くなる、太くなるなど、逆の効果となってしまうことを硬毛化といいますが、こうした硬毛化などの脱毛のデメリットなどを理解しておくことも重要な事ですし、また脱毛を行う前には必ず医師やスタッフとカウンセリングの時間があるので、この時を利用し、聞きたいことは聞いておく、相談したいことなどをはっきり伝えておくことも大切です。

 

脱毛処理を行う前にはどんな方法であっても必ず施術の前にカウンセリングがあります。このカウンセリングではどのような施術を行うのか、どんな流れになるのか、どの位の期間がかかるのか、どの位の回数が必要なのか、こうした施術に対した説明があります。

 

費用についてもどのようなプランがあり、どんな部位が含まれているのか等も説明がありますし、施術を受ける方の皮膚の状態、また慢性疾患などをお持ちかどうかなどを確認する時間でもあります。カウンセリングに行けばすぐプランの決定があり、契約することになると思っている方がいますが、そうではなく、お互いを理解するために行うものであって、イコール契約とはなりません

 

施術する側は不安な事等を質問できますし、クリニックや脱毛サロン側としては、施術を受ける方の身体の状態を確認し、脱毛できるかどうかを考える時間でもあります。お肌の状態が悪く日焼けしているなどの場合には、施術をずらすこともありますし、またお肌の病気などによって沈着具合がひどい場合にはできない個所などもあります。

 

脱毛について理解する、また施術を受ける方について理解する、お互いに納得した状態で施術する、受けることができるようにもうけられている時間ですから、この時、脱毛に関して不安な事等があれば質問し、納得がいく状態で施術を受けるかどうか考えます。

 

産毛が多い箇所などについてクリニックやサロンから、硬毛化があるかもしれないということも説明されることがあると聞きます。メリット、デメリットをよく理解し、施術される方は自分の皮膚、体の事で伝えておくこと、相談したいことがあれば、脱毛前にしっかりと相談しておきましょう。