ニキビがある人でも出来るの?顔脱毛で解決できる肌トラブルとは?顔脱毛とニキビの関係

MENU

ニキビがあっても顔脱毛できるの?解決できる肌トラブル

思春期時代につきものといわれるのがニキビです。この時のニキビは体が大人になるために起る変化に、体がついていけないことから起るものといわれています。勿論食生活や部活動などでほこりを浴びたり汚れることが多いため、肌が清潔な状態を保てないということもあるかもしれません。

 

しかしこの思春期の時期、男の子は変声期があり、ヒゲ、体毛などが濃くなっていき、少しずつ大人の身体に近くなっていきますし、女の子も初潮があり、胸が膨らみくびれが出来て、女性らしい体つきになっていきます。大人の身体に成熟していくためにホルモンバランスが乱れやすく、それに生活の状態や食事等の要素が加わり、ニキビとなる事が多いです。

 

最近は大人ニキビに悩む人が多く、この大人ニキビは思春期ニキビと違いストレスやそのほかの要因が複雑に絡み合いなかなか治りにくいといわれています。

 

むだ毛処理を行う時、このニキビがあると脱毛できるのかどうか?気になります。ニキビがある人でも顔脱毛などできるのでしょうか。顔脱毛とニキビの関係を調べてみました。

 

まずは必ずカウンセリングで相談

産毛の存在、実は気になるという方がかなり多いのです。確かに大人の女性でも太陽の下に出ると、お化粧していても産毛がかなり目立つ人がいますし、男性でも顔全体に薄い産毛があるという人を見かけます。男性から見ても、女性と接近した時、最も気になる顔の部分はどこか?というアンケートで、第1位に産毛をあげているのです。

 

顔のむだ毛をかみそりなどで自己処理されている方が多かったのですが、最近は女子力アップを考える人たちの中で、顔脱毛を行う人が多くなっていると聞きます。美意識が高い人は、顔脱毛についてもしっかり考えているのです。

 

お顔をカミソリで剃るというのはちょっと怖いという方も多く、またどのような角度で剃ればいいのか等も気になるので、脱毛の専門家の方にしっかりきれいに脱毛してもらう方が安心です。特にお顔については傷がつくと炎症を起こしやすいですし、敏感肌の方は刺激からニキビなどが出てくる可能性も否定できません

 

顔脱毛はレーザーや光脱毛などで行うことができますが、最初に家運腺リングに行ってニキビや肌の乾燥等、お肌についての状態、特長などをよく説明し気になる事等も相談できるので、まずカウンセリングを受けてみる方がいいと思います。

 

カウンセリングでは施術の流れや説明などをしてくれますし、料金のプラン等も知らせてくれると思いますが、スタッフや医師にニキビ肌でも脱毛処理ができるか、トラブルが内科などを確認できるという利点もあります。

 

顔脱毛は特にデリケートなお顔を脱毛処理することになるので、そのメリット、デメリットなどもしっかり確認しておくといいでしょう。

 

医療用レーザーを利用する医療脱毛でも、光脱毛を行う脱毛サロンでも、また針脱毛などを行う際にも、かならずカウンセリングの時間が設けられていると思いますので、聴きたいこと不安な事等をしっかり伝え、脱毛についての相談の時間を有効に活用すると、納得のいく顔脱毛ができると思います。

 

ニキビがある人でも顔脱毛は出来る

光脱毛やレーザー脱毛、また針脱毛など、脱毛の種類はたくさんありますが、最近国内で主流となっているのは光、レーザー光による光脱毛、また医療用レーザーによる脱毛です。

 

いずれも、メラニン色素に反応する光を利用して毛乳頭や毛母細胞を破壊、焼切るという方法で行う脱毛です。

 

メラニン色素は黒い色なので、黒、こげ茶等より黒に近い毛の方がしっかり脱毛できるといわれています。しかしこうした光を利用した脱毛処理は、ニキビなど肌にトラブルがある場合、出来ないのではないか?と不安に思う方もいます。

 

光脱毛やレーザー脱毛の施術相談に行き、カウンセリング時に、もう少し期間をおいてからスケジュールをたてましょうと、現段階で脱毛することが出来ないとされるのは、日焼けしている肌です。日焼けしている肌は肌にメラニン色素が多い状態で、目で見て肌が黒くなっていることがわかります。

 

黒く日焼けしている肌は光やレーザー光が反応してしまうことがあるので、やけどのリスクが高くなるため、光脱毛、レーザー脱毛などの光系の脱毛処理が出来ないのです。また日焼けで黒くなっていなくても赤みがあり、紫外線によって炎症を起こしている状態という時にも、多くの脱毛サロンや脱毛クリニックで施術をずらす方がいいと支持されます。

 

ニキビはどうなのかというと、ニキビそのものが炎症を起こしているという場合には、やはり刺激があるということで今は脱毛しないほうがいいと判断されることが多いようです。ただ炎症がなくぽちっと赤くなっているくらいのニキビなら、脱毛処理は問題ありません。

 

ニキビ痕が薄くシミのような状態になっているという場合も、それが薄いものなら問題なく脱毛処理できます。ただ、顔脱毛は顔に脱毛処理を施すので、医師もスタッフも非常に慎重になるため、脱毛サロンや脱毛クリニックによってはちょっと膨らんでいるニキビなどがあると今回は施術しないほうがいいといわれることもあるようです。

 

ニキビの状態によって、施術できるかできないかが変わりますので、ニキビがある方は医療レーザーによる脱毛を行う、医療機関の脱毛処理がいいと思います。ニキビの状態を皮膚科の専門医である医師がしっかり見てくれますし、また万が一、脱毛処理によって肌トラブルが起きた場合でも、治療、処方、処置等しっかり行ってくれます。

 

ニキビがあるから脱毛処理出来ないということはないので、無料カウンセリングなどがあれば実際にニキビを見せて、可能かどうかを聞いてみるといいでしょう。

 

顔脱毛をすることでニキビの改善も!

ニキビができやすい人からすれば、つるつるした美しく白い肌は憧れです。近頃は大人ニキビに悩まされているという人も多く、どうしたら美肌になれるのか?色々な方法を模索している方も少なくないようです。

 

ニキビはお化粧をしてもわかるので、大人ニキビは女性にとって本当に困りものです。顔脱毛などを考える場合も、ニキビがあると出来ないのでは?と心配される方も少なくありません。脱毛ということに関しては、ニキビが炎症を起こしていないものなら脱毛処理できますし、実はレーザー脱毛や光脱毛などの脱毛処理を行うことで、ニキビができにくい肌になるということも言われているのです。

 

なぜ光脱毛やレーザー脱毛でニキビができにくくなるのか、それはニキビが元々毛穴の開きに皮脂が詰まったことからできるという要因があるからです。毛穴が広がりそこに皮脂や古い角質などがたまり、そこにアクネ菌が増殖することからニキビが発生するため、脱毛することによって毛穴が引き締まり、皮脂が入り込むスペースを減らすことができるといわれています。

 

ニキビを作るアクネ菌が増殖しないように、お顔を清潔にすること、また水分をしっかり補給し生活習慣をよくするということも大切な事ですが、脱毛することによってニキビを作るリスクを軽減できるのなら、脱毛と美しい肌作りに役立つ方法といえます。

 

ただ、あくまでもニキビが脱毛処理によって改善するというのは、副産物的な要素であり、ニキビの状態が悪い、かなり強く炎症し膿などが出ている状態という場合、ニキビを皮膚科などでしっかり治療する必要があります。

 

脱毛をするためにカウンセリングを受けた際、ニキビの状態が悪化している場合、脱毛処理の前にニキビの治療を優先した方がいいといわれる場合もあるようです。ニキビの解消のために脱毛処理するのではなく、脱毛処理によってニキビの状態がよくなるかもしれない、またニキビができやすいリスクを軽減することができるかもしれないと考えておく方がいいでしょう。

 

食生活の見直しや生活リズムを整える、また洗顔や普段のスキンケアをしっかり行うということも忘れずに行い、特に脱毛処理の後は肌が乾燥しやすいので、水分をたっぷり補給することも忘れないことが大切です。

 

顔全体の美肌効果もUP!

ニキビやくすみ、しみなど、大人の女性も肌の悩みが尽きません。近年、女性が社会進出を果たし、責任ある仕事をバリバリこなす方が多くなっていますが、だからこそ受けるストレスも多く、お肌にもそのストレスが影響し、ニキビ、くすみなどが出てくることも多いようです。

 

脱毛処理や美肌エステなど、現代女性は自分磨きをしっかりされており、美しい肌をお持ちの方も多くなっていますが、脱毛処理を行うことで、お顔全体の美肌効果がアップするということも言われています。ただ、どの処理でも同じような効果ということではなく、脱毛処理の種類によって美肌効果にも違いがありますので、理解しておくといいでしょう。

 

まず針脱毛、ニードル脱毛を顔脱毛に利用した場合の効果ですが、黒ずみへの効果が期待できます。日本人は欧米の方と比較して毛が黒く直毛で毛根や毛穴も黒くなっているので、自己処理されるときれいに除去できず、肌の白さと対比され毛穴が黒くぽちぽちと見えることがあります。

 

針脱毛、ニードル脱毛の場合、毛根の毛乳頭、毛母細胞に微弱電流を流すという方法になるので、毛根が起因となる黒ずみがなくなり美肌効果につながるといわれています。ニードル脱毛の効果は一生であり、一度きれいに脱毛した部分は生えてくることがないので、この美肌効果もしっかり持続します。また臭いについても、アポクリン汗腺など一緒に破壊できるため、わきがなどに悩む方にも効果的といわれています。

 

医療レーザーを利用して行うレーザー脱毛の場合、肌の奥まで光が届くため、肌の深部に存在するコラーゲンが刺激され、活性化し、新しい肌へのアプローチが向上します。

 

レーザーはシミの治療にも利用されていますが、これは脱毛機器とまた別物で、これによってシミなどがきれいに消えるということはありませんが、レーザー脱毛も複数回同じ部位に照射する必要があるので、美肌になったという方が多いということは事実です。

 

フラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれる脱毛サロンで行う脱毛処理に関しては、IPL脱毛などを利用すると美肌効果があるといわれています。このIPL脱毛はシミを目立たなくしたり、小じわを改善するなどのフォトフェイシャルと同様の機器といわれていて、色素に反応し毛根を破壊する方法です。

 

肌に沈着したメラニン色素への働きかけが期待できる方法で、シミ、くすみなどを解消し、肌に刺激を与えることができるので、新陳代謝が活発化し肌がみずみずしくなるといわれています。

 

またスムーススキンコントロールメソッドという脱毛処理を行う時、特殊なジェルを利用してこのジェルが光の照射によって溶け、毛穴に抑制成分を浸透させるという方法です。
抑毛の効果があるということと、鎮静成分や美肌成分が含まれているので、美容効果が高い方法といわれています。

 

脱毛はあくまでもむだ毛処理が目的で、美肌になるために行う施術ではありませんが、美肌効果も狙って施術を受けたいという場合、自分のお肌の状態をよく理解し、気になる部分を少しでも解消できる顔脱毛方法を選択されるといいでしょう。

 

顔脱毛のメリット

脱毛を検討されている方の中で、最近は顔脱毛をしたいと希望される方が多いといいます。顔の産毛が濃い人などは、キレイに脱毛することでお化粧のノリもよくなりますし、様々なメリットがあるので、これから顔脱毛しようと考えている方も多いでしょう。

 

顔の産毛が濃い状態だと、太陽光に当った時、キラキラと光って見えて目立つので定期的に自己処理するという人もいます。人の顔というのはその人の印象を決めるともいわれますし、最初に人が目にする場所なので、キレイにしておきたいので、神経を使って自己処理されている方が多いと思いますが、顔脱毛することによってこの処理の面倒が無くなります。

 

産毛などが多い方は、汗や皮脂が産毛に残った状態となるので、どうしてもお化粧崩れしやすくなります。産毛がある事で化粧下地、ファンデーションが肌に密着することを邪魔してしまうので、浮いたような状態になり化粧崩れしやすくなるのです。

 

でも産毛が無くなれば化粧下地もお化粧もしっかり定着し、お化粧ののりも格段によくなります。顔脱毛で毛穴が引き締まる事で皮脂の分泌も少なくなるので、オイリー状態という方にも効果的でしょう。

 

産毛は色が薄くて太陽光に当る等しなければ、産毛の存在がわからないことも多いのですが、実は肌の色にも影響しているのです。顔脱毛を経験された多くの女性が、肌の色がワントーン明るくなったような気がするといいます。

 

毛穴が脱毛処理によって引き締まる事で、毛穴に入り込む汚れ、古い角質などのトラブルが無くなり、ニキビの抑制となる事もメリットの一つです。産毛を脱毛することで皮脂、汚れが付きにくくなることもあり、毛穴がしっかりしまってニキビのリスクが少なくなるということも魅力的なのです。

 

顔脱毛は今非常に人気のある脱毛処理です。女子力をぐっと引き上げるためにも、顔の産毛処理などもしっかりしておきたいと考える方が多くなり、多くの方が処理され、美肌を手に入れているといわれています。