背中脱毛はニキビがあっても出来る?ニキビ改善の為にも背中脱毛が必要な理由

MENU

背中脱毛はニキビがあっても出来る?ニキビ改善

 

多くの方が気軽に脱毛処理を受ける時代になりました。女性も男性も美意識を高く持ち、お肌もかなり美しくなっています。昔よりもずっと若い世代もニキビなど少なくなりましたし、男性の肌も本当にきれいになってきている現代です。

 

脱毛は脇、顔、腕、足など人気部位がありますが、最近は女性も男性もVIOラインの脱毛も行うなど、見えない部分にこそ気を使うという方が増えています。普段目にする事の出来ない部分、背中脱毛などもしっかり行っている方も多いです。

 

女性は特に結婚式のブライダルエステの際に、デコルテから背中のラインにかけてきれいに脱毛される方がいますし、男性も背中のニキビを改善するエステや、むだ毛処理などを行っています。

 

背中ニキビは多くの方々の悩みで、できやすい人は大人になってからも改善できないままになっているようです。この背中ニキビの改善にも脱毛処理が一役買ってくれるという話も聞きます。ニキビを改善するためにも背中脱毛は効果的というのは本当なのでしょうか。

 

背中はニキビができやすい

結婚式のためドレスを選びに行って試着し、後姿を鏡で見せてもらった時、背中ニキビがある事に気が付いてびっくりしたという人もいますし、ふと風呂で背中を鏡に映してまじまじと見てみたらニキビのようなぶつぶつが多くあって、ショックを受けたという方もいます。

 

背中ニキビは顔にできるニキビとは違い、普段毎日鏡で見るという場所ではないので、気が付く事無く悪化させてしまうことも少なくありません。またこの背中ニキビというのは、顔にできるニキビとはまた違う要因を持っていることが多いようです。

 

一つは男性ホルモンの作用です。女性も男性も、女性ホルモン、男性ホルモンの両方を持っていますが、男性ホルモンの分泌が過剰になりホルモンバランスが崩れるとニキビができやすくなります。この要因については、顔も背中も同じ理由です。

 

男性ホルモンが過剰分泌されると、皮脂分泌が多くなり、肌の角質層も増加、古い角質が毛穴に入り込み毛穴が詰まりそこにアクネ菌が増えてニキビという状態になります。男性ホルモンが増加する要因としては、ストレス、睡眠不足などが挙げられ、これによって自律神経が乱れ、ホルモンバランスを崩すといわれています。

 

女性の場合、生理前になると黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されますが、これによって生理の際の嫌な症状、生理痛などが起ります。同時に肌荒れも起こしやすくなるのです。プロゲステロンは男性ホルモンと似たような働きがあるので、その作用によって意味もなくイライラしたり、ストレスをやけに受けているような状態になります。

 

もうひとつ、背中ニキビの要因といわれているのが、カビです。顔のニキビの場合、ほとんどがアクネ菌、プロピオバクテリウム・アクネスと呼ばれる菌が原因です。このアクネ菌は元々私たちの体内に存在する常在菌で、腸内、口、皮膚表面などに生息しています。アクネ菌は本来、病原性微生物の繁殖を抑制するという働きを持っているのです。

 

背中にできるニキビの原因菌と呼ばれているのがマラセチア真菌と呼ばれるカビの一種で、5種類あるといわれています。このうち、マラセチア・ファーファーと呼ばれるカビ菌が背中ニキビを作るといわれています。

 

このマラセチア真菌も常在菌で、アクネ菌同様、毛穴が詰まっているようなところが大好きで、毛穴に入り込んで炎症を引き起こすため、背中ニキビとなるのです。アクネ菌が原因の顔ニキビとは違い、背中ニキビはかゆみ、痛みなどがありません。また見える部分ではないので背中ニキビが出来ていることに気が付かず、放置されてしまうことが多いので悪化するといわれています。

 

背中は知らないうちに汗をかいていますし、寝ている時などは布団とパジャマに挟まれて蒸れます。カビにとっては最高の場所となるので、ニキビの温床となる事が多いのです。背中脱毛を行うことで、こうした背中ニキビの改善にもつながるのなら、これはしっかり受けておきたい施術です。

 

なかなか治りにくいのも背中ニキビの特徴

顔に出来たニキビは目立ちますし、小さくぽつっとできている時点でも、ニキビがあると目立つものです。また顔のニキビの原因となるアクネ菌は、かゆみ、痛みを出すのでそうした症状からも気が付き、対応しようという気になります。何より女性の場合、お化粧をしてもニキビの存在が目立つので、早くなくしたい・・・と考える人が多いでしょう。

 

背中ニキビはアクネ菌ではなくマラセチア真菌が原因ということが多く、この場合、痛みもなくかゆみもないので、まずそうした症状から気が付くことが出来ないということ、さらに毎日鏡で見ることになる顔とは違い、背中というのは何かなければ見ようと思わない場所ですし、自然に見る事が出来ない部位なので、どうしても放置されやすくなり悪化しやすいのです。

 

場合によっては全く気が付く事無く背中ニキビが発生、炎症を起こしてから沈静化しその痕がニキビ痕となって残ってしまったという状態なの位、ニキビ痕になるまでわからなかったという人もいる位です。

 

背中ニキビはできていることに気が付きにくい、だから対応もしない、放置されることによってそのまま悪化から沈静化まで進み、ニキビ痕になるという状態で、気が付いたとしても治りにくい箇所といわれています。

 

背中は顔よりも沢山の皮脂腺があるということも治りにくいといわれる要因となります。汗をかくと背中がびっしゃりになるという人も少なくありませんが、皮脂腺が多く汗をかきやすい場所だからです。また汗をかいて毛穴が開き、そこに古くなった角質や皮脂などが詰まりニキビを作るのです。

 

背中脱毛をされる方も多くなっていますが、背中は思ったよりもずっと多くの産毛が生えているので、この産毛も背中ニキビを治りにくくする要因となっています。毛は体を保護するという役割もあるので、そこに菌類が付着しやすく、また産毛がある事で皮脂が皮脂表面に出にくくなり、皮脂つまりの原因ともなります。

 

実は背中にもTゾーンが存在し、この部分は顔のTゾーン同様、皮脂分泌が盛んな場所です。両方の肩を結ぶ横のラインと背骨に沿ったTの字になっている部分が背中のTゾーンです。この他にも肩甲骨周りなどは皮脂分泌が盛んになる場所なので、ニキビができやすく、洋服で常におおわれている部分なので、余計にニキビが蒸されて治りにくくなる部分といえます。

 

背中脱毛によって背中ニキビが改善される?

夏になって肌の露出が多くなると、気になるのはやはりむだ毛です。でも背中をよく見てください。もしかすると背中に沢山の背中ニキビが出来ていないでしょうか。顔の様に毎日鏡で見る場所ではありませんし、お手入れといっても手が届く部分が限られているので対応しにくい場所です。

 

背中は寝ている時、パジャマを着て布団に接することになるので、通気性が悪く、汗をかいて仰向けで寝ていると、湿気が強い状態になり、背中ニキビの要因となるマラセチア真菌、いわゆるカビが繁殖しやすくなるため、治りにくいのです。また背中をきれいにお風呂で洗っているつもりでも、実はしっかり洗えていないという人も多く、皮脂汚れなどが十分落ちていないということも背中ニキビを悪化させる要因です。

 

最近、背中脱毛を行う方も多くなっているのですが、この背中脱毛を行うことによって、ニキビを改善、予防するといわれています。

 

背中脱毛を行うことによって産毛がきれいに脱毛されます。背中は皮脂腺がとても多い場所で、汗がかなり出る場所となりますが、産毛がある事で余計に背中が蒸れやすくなり、汚れも貯まりやすくなるので、ニキビができやすい状態、また治りにくい状態になります。

 

汗、雑菌がニキビの原因、悪化の原因となるので、背中脱毛によって背中のむだ毛が除去され、毛の周囲に貯まりやすい汗、皮脂などが改善されることによって蒸れにくくなり、背中ニキビの予防、改善になるといわれているのです。

 

また背中脱毛を行うことで、光脱毛やレーザー脱毛などの作用により、毛穴がぎゅっと引き締まります。毛穴が引き締まる事によって毛穴の黒ずみ等も目立ちにくくなり、皮脂が過剰分泌されることも少なくなるので、ニキビの改善と予防に役立ちます。

 

背中脱毛による殺菌効果

毎日きれいに体を洗っているし、お風呂にもしっかりつかっているのに、なぜか背中ニキビがきれいにならない、いつまでたっても改善できないと悩む方も少なくありません。背中ニキビは顔にできるニキビとは違い、痛みもかゆみもありませんが、刺激されることによって炎症がひどくなり、痛みが出てくることもあります。

 

水着になった時、足、腕、脇などはきれいに脱毛されているのに、背中の産毛が残っていて、しかも背中ニキビがかなりあり不潔という印象をもたれる事もあるかと思いますが、背中のニキビは本人が気が付くことがないので、悪化しやすいといわれています。

 

美肌であることが女性も男性も、自信をもって水着になれたり、露出が多い夏ファッションを楽しむことができる、でも背中にむだ毛があったり、背中ニキビがあるという状態では心から楽しむことが出来ないでしょう。

 

背中脱毛を行うと、背中ニキビを予防できるといわれていますが、一つは毛穴が脱毛処理囲よってきゅっと引き締まり、毛穴に汚れなどが入りこめなくなるということや、産毛が無くなる事で汗がたまりにくくなり、蒸れやすい背中が蒸れにくく、ニキビができにくくなる予防策といわれています。

 

ニキビができにくくなるほか、背中ニキビが炎症を起こしやすい人にとっては、産毛についている雑菌類などを改善するためにも、光脱毛やレーザー脱毛がニキビ予防になる事を理解しておく方がいいと思います。

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の場合、光を照射し毛乳頭や毛母細胞を熱によって破壊するという脱毛方法ですが、その熱によってニキビの原因となる菌類を殺菌するという殺菌効果も注目されています。

 

背中ニキビが光の効果によってニキビをできにくくする殺菌効果があるということ外に、この殺菌効果によってニキビが悪化しないように予防できるともいわれています。

 

但し、ニキビへの予防効果などがあるかどうかという点に関しては、脱毛サロンや脱毛クリニックが利用している脱毛機器によっても効果の違い、あるなしが変わってきますので、すべての脱毛処理機器に効果があるかどうかということは言えません。

 

また背中ニキビの色素沈着がひどい場合、その部分の色が濃いほど、光脱毛やレーザー脱毛で皮膚に影響してくることもあるので、医師とよく相談し対応していくことが求められます。

 

背中脱毛のメリットはたくさん!

夏に水着になった場合や、ドレス姿になった時等、人目にさらされることが多い部分が背中です。ブライダルエステなどでも背中、デコルテを美しくするために、背中脱毛を行う所がありますし、花嫁自身が結婚式の前に背中ニキビや産毛に気が付き、ドレス姿が恥ずかしくないようにと、背中脱毛、背中ニキビの改善を行うということも多いようです。

 

背中脱毛を行うことで、ニキビにもアプローチできるといわれています。光脱毛や医療レーザー脱毛を行うことで、毛穴が引き締まり、皮脂汚れや古い角質などが毛穴に入り込みにくくなり、ニキビの要因となる菌類の増殖を予防できるといわれているのです。

 

背中には産毛がかなり生えていて、皮脂腺がかなり多い部分なのですが、これによって汗もかきやすくなり、皮脂汚れが産毛に付着しやすくなります。寝るときにはパジャマを着て布団と摩擦されることで刺激されやすく、普段も背中はほとんど洋服に覆われている状態なので、摩擦、刺激共に受けやすい場所です。

 

産毛があればなおさら、背中は汗を逃がすことなく蒸れやすくなりますし、毛は雑菌類が付きやすいので、ニキビが背中にできやすいというのも納得です。背中脱毛をおこなえば、背中の産毛が無くなり、雑菌の温床となっている部分を抑制できますし、産毛が無くなり毛穴が引き締まる事で毛穴の開きの黒ずみや、くすみ、さらにニキビの改善にもつながるということになります。

 

こうして背中脱毛による脱毛以外の効果を理解すると、非常に利点の高い脱毛だということがわかります。光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、複数回通うことが必要ですし、ある程度の期間が必要となる施術なので、余裕をもってスケジュールを立てていくことが必要です。来年の夏にきれいな状態になっていたいと思うのなら、ニキビケアも含めて今年の夏が終わったらすぐに通い始めると安心です。

 

ただ背中ニキビの炎症がかなりひどい状態という場合や、ニキビ痕が色素沈着を起こしている場合、施術スケジュールをずらす方がいいと判断されることもあるので、脱毛する際にカウンセリングを通し、しっかりとスタッフ、医師に相談してから脱毛し納得のいく美しい背中になれるように考えていきましょう。