聞きずらい疑問をすべて解決!これであなたも始めたくなる!VIO脱毛のすべて!

MENU

聞きずらい疑問をすべて解決!VIO脱毛のすべて!

ムダ毛が生えたワキやスネを見てガッカリされたらやはりショックなものです。きちんと処理しているつもりでも剃り残しや生え始めのムダ毛が出てきてしまうのは仕方ないことです。

 

そこで、飛躍的に需要が伸びたのが脱毛サロンです。ワキやスネはもちろん、全身くまなく脱毛することが可能になってきましたし、よりリーズナブル、より安心で安全、スピーディーな脱毛ができるようになっています。

 

そんな中、いま脱毛するなら断然VIO脱毛がおすすめです。海外ではもはや当たり前であるにもかかわらず、処理をしていないことを揶揄されるほどに日本人女性のアンダーヘア未処理問題は世界的に有名です。

 

かつては大和なでしことして有名だった日本人女性にとっては少々不本意な評価といえますが、実際に日本人女性がアンダーヘアを処理するとこは珍しく、VIO脱毛が注目されてきたものごく最近のことです。

 

まだまだ未知の世界と感じる女性も多いと思いますが、それでは時代の最先端とは言えません。他人に見せるわけではないのにどうして、と感じるかもしれませんが、VIO脱毛は決して誰かに見せるためだけのものではありません。女性自身も快適で清潔な毎日を送れるようになるということで大きく支持を集めているのです。

 

その施術方法や体験談はあまり目にしたり耳にする機会は少ないので、不安に思う女性も多いかも知れませんが、実際にやってみるとハマる人が続出。もうモジャモジャのころの生活には戻れないという女性が圧倒的に多いのです。

 

もちろんメリットだけではないデメリットもありますが、価格や恥ずかしさ、この効果について詳しくチェックしてみると、やるべきかやらざるべきかがきっと分かってくるのではないでしょうか。

 

VIOはどの部位にあたる?

それではまず、素朴な疑問から解決していきましょう。VIO脱毛のそれぞれの意味と場所についておさらいします。

 

まず、VIOといったときはアンダーヘア全体を指し、それぞれのアルファベットがその形を意味しています。

 

Vは最も有名なのでピンとくる方も多いと思いますが、大方の予想通りビキニラインのVとなります。太ももの付け根からおへその下までと最も広範囲の脱毛ということになりますが、特徴として全てのムダ毛を処理せずにすきな形を残すという選択肢があります。四角やオーバル、中にはハートやバタフライといったデザインを作ることが可能です。

 

次のIはIラインと呼ばれる性器周りの長い範囲の脱毛箇所です。粘膜が多く、脱毛するのが難しい場所ではありますが、ここがすっきりすることで多くのメリットがあります。

 

最後のOラインは肛門周りの丸い部分です。自分ではなかなか見ることができませんが、男性にとってここにムダ毛が生えているのは少々ショックなことのようです。とはいえ、自分で処理するのはかなり難易度が高く、危険も多いためおすすめできません。やはりプロの手で、脱毛していくのが正解です。

 

また、3か所全てのムダ毛をすべて脱毛した女性を特別にハイジニーナと呼ぶことがあります。脱毛サロンによってはハイジニーナ脱毛プランと言うこともあるので覚えておきましょう。

 

もちろん、すべての個所を脱毛せずに、気になる部分だけをチョイスするという字方法もあります。サロンによっては全身脱毛のコースに組み込まれていることもあるので、気になる脱毛サロンで相談してみるのもおすすめです。

 

脱毛サロンでは独自の脱毛範囲が定められているので、どこまで脱毛できるのかきちんとチェックしておきましょう。

 

VIO脱毛をしている女性が急増中

海外では自己処理を含め、ほとんどの女性がアンダーヘアの処理をしているといえます。それに比べるとまだまだ日本人女性の割合は低く、外国人男性にも知れ渡るほど有名です。

 

よく言われるジョークとして、日本人女性と付き合ったら大きなハサミが必要だ、というものがありますが、そのようなジョークを許していいはずがありません。

 

最近VIO脱毛をオーダーする女性が増えていますが、若者を中心に30代、40代でもケアする人が多くいます。

 

日本人女性にとって、アンダーヘアがなくなることで心配されるのが温泉や銭湯などでの恥ずかしいという気持ちです。多くあればあったで恥ずかしいものですが、なければないですべてをさらけ出すようで心もとない気持ちになってしまうようです。

 

しかし、それも時とともに変わってくるはずです。今の若者世代には間違いなくアンダーヘアの処理が浸透していきますので、少数が多数を上回るのも時間の問題です。ここまでVIO脱毛が浸透しているのも今ブームだからに違いありません。場所が場所なだけに大きな声で発表する人がいないのは仕方がないことですが、流行に敏感な女性はすでに処理済みというのが実際のところです。

 

ただし、その効果はただの流行という言葉だけでは言い表すことができません。

 

無毛状態の女性を表すハイジニーナは「清潔」と「女性」という意味を組み合わせた造語です。その言葉が表すように、女性にとっても快適で清潔であるということが最も大きなメリットだからです。

 

口コミが口コミを呼び、徐々に浸透していくというものを静かなブームと呼びますが、VIO脱毛はまさにこの静かなブームの代表ではないでしょうか。この波に乗り遅れないように、今すぐサロンに行ってみましょう。

 

好きな下着を着られるなんてメリットも♪

VIO脱毛のメリットは、まず清潔感が感じられるというのが一番大きなものとしてあります。その理由は、ムダ毛があることで雑菌が繁殖し、嫌な臭いを発生させるというプロセスがブロックできることです。アンダーヘアは密集して生えていることが多く、下着の中で汗をかくなど蒸れやすくなっています。そこに尿などがつくと雑菌の温床になってしまうのです。

 

ムダ毛がないことは雑菌の数を大幅に削減し、臭いや汚れを防ぎます。これは女性の月経時期にも効果を発して、経血の臭いを抑えることにも期待できます。もちろん、好きな下着を着るという楽しみも増えます。水着も大胆なデザインを選んでも何も心配いりません。男性へのアピールも自信をもって行うことができるのではないでしょうか。

 

ただし、男性の中には無毛状態のことにひいてしまう場合もありますので、見極めは重要です。それでも、最近の世代では「ないことが当たり前」という認識の男性もいるので難しいところです。パートナーの好みですべてが決まるわけではないですが、脱毛をする際にはフラットに話せるような関係でいることも必要かもしれません。清潔感という中には自分自身が感じる快適さとは別に、家の中でも安心して過ごせるというメリットがあります。

 

例えば、掃除をしても部屋の隅にアンダーヘアが1本落ちているということは誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。裸で歩き回っているわけではないのに、こうしたことがよく起きるので友達や彼氏を家に招いたときは気が気ではありません。そんな心配もアンダーヘア自体がなければ必要ありません。掃除も簡単になり、恥ずかしい思いもしなくなると思えばVIO脱毛への興味もまた違った側面で評価できるのではないでしょうか。

 

VIO脱毛はサロンやクリニックがおすすめ

VIOは自分で処理をすることが非常に難しい部分です。見えづらく、手が届きづらく、さらに太くしっかりした毛が密集して生えていること、粘膜に近いことなどがその理由です。脱毛器やシェーバーを使うことは危険も伴いますし、思ったような効果が得られないことも考えられるので、ここは脱毛サロンやクリニックでプロの手で脱毛してもらうのがおすすめです。

 

サロンとクリニックの違いは価格や早さとなります。一般的にサロンのほうがクリニックよりも安い場合が多く、クリニックのほうがサロンよりも早く脱毛ができます。回数もクリニックのほうが少なくて済みますので、スピーディーな処理を望む場合はクリニックを選びましょう。

 

VIOという場所は太い毛があるため、ほかの部分よりも長時間かかることが多くなります。クリニックはサロンよりも強いレーザーを使って脱毛できますので、早い反面痛みが強く出るというデメリットもあります。ただ、オプションで麻酔を使ったりすることもできますし、強いレーザーにより万が一やけどや炎症が出た場合の医療処置をとることができるのもクリニックのメリットです。

 

脱毛サロンにはメリットがないかというとそうではありません。やはり安さと、支店が多いことなどで通いやすいというのが手軽に脱毛できるという点で優っています。キャンペーンや特典も豊富なので、ほかの部分の脱毛にも興味があるという人はまずサロンにいってみるというのが安心です。回数無制限という納得するまで脱毛ができるプランも人気ですので、ムダ毛の濃さや仕上がりの希望に合わせてサロンを選んでみましょう。

 

どちらの場合もまずはカウンセリングを受けて、施術の流れや料金について納得するまで相談してから始めてください。

 

気になるVIO脱毛の施術の流れ

気になる脱毛の施術ですが、どんな場合もまずはしっかりとカウンセリングの時間を取ってくれるのでそこで疑問や心配なことは漏れなく聞いておくようにしましょう。いざ施術という前には事前準備が必要です。

 

カウンセリングの際にも言われることですが、ムダ毛は長いと光脱毛やレーザー脱毛の効果が出にくくなります。できるだけ短くシェービングしておくことが必要ですのでできる範囲で自宅で処理しておくようにしましょう。サロンによっては無料、又は有料で剃り残しの部分などを処理してくれるサービスがあります。

 

Oラインなどは自分では手が届かないこともあるので、サロンの処理に従って自己処理の必要有無を問い合わせておきましょう。施術の際は下着も脱ぐ必要がありますが、サロンやクリニックでは使い捨てのショーツが用意されていることもあるので、それを着用して施術台に上がりましょう。

 

気になる施術の際の格好ですが、V、Iラインは仰向けで足を開いた格好、Oラインはうつ伏せで足を開いた格好というのが一番やりやすいスタイルです。恥ずかしいと感じるかもしれませんが、相手もプロですので安心して任せましょう。

 

脱毛のやり方はサロンやクリニックが導入している脱毛機器によりますが、痛みや熱を和らげるジェルを塗って脱毛していく方法が主流になります。時間は15分から30分ほどととってもスピーディーにできるようになっています。

 

着替えなどの時間を合わせても1時間もあれば終了するので、お出かけのついでにも十分時間が取れます。人気のサロンなどでは予約が取りづらいということもあるようですが、生理が来たときは施術ができませんので予約をキャンセルしなければいけません。お互いに気持ちよく脱毛をするためですので、必ず申告して次回の予約を取りましょう。

 

VIO脱毛で後悔しない為に

メリットばかりのようなVIO脱毛ですが、実際に感じるデメリットというものもいくつかあります。まず、温泉や銭湯といった裸になる場所で感じる恥ずかしさです。もちろん、気にしなければ何の問題もないことなので、むしろ自慢げに歩けるという人もいるかもしれません。

 

親子で温泉旅行に行ったときなどは気まずさを感じるかもしれませんので、もしもそうした心配がある場合はVラインだけは少し残しておくといった工夫をしておくとよいでしょう。全部のアンダーヘアがなくなることで、今まで見えていなかったものが見えるようになるということも考えられます。

 

性器の形は人それぞれありますが、中には小陰唇や大陰唇が目立つと感じるようになる場合があります。それをどう感じるかも人それぞれなので、見えるのがいけないという訳ではありません。

 

もう一つ、もっともっと後の話になるかもしれませんが、長寿国日本と介護の話題は今や切っても切れない関係です。いざ自分が介護を受ける側になったときに、若いころにしたアンダーヘアの脱毛を後悔するということが実際にあるそうです。

 

中には植毛を希望するという高齢女性もいるようなので、笑い事ではありません。未来はどのようになるかは分かりませんが、いろいろな側面からVIO脱毛というものを考えてみるということも必要かもしれません。

 

他にもパートナーの同意が得られなかった、無毛なことで振られてしまった、ということもあり得ます。もちろん逆にもっと愛が深まったり、スキンシップが増えたなどということもありますので、一概にメリット、デメリットとは言えません。

 

VIO脱毛には多くのメリットがありますが、後悔しないためには強い女性であることが必要なようです。美しくなりたい、自分はこうでありたい、という確固たる気持ちが決まったときに、VIO脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。